IMG_0917[1]

 

シーボディVCシリーズは、”最新のビタミンC誘導体を使った化粧品”です。

ビタミンC誘導体は万能な成分で色々な化粧品に配合されていますが、ビタミンC誘導体にも種類があります。

 

その中でも最新のビタミンC誘導体が”VC200(Funcos C-IS)”なのです。

この成分は通常のビタミンCの200倍の浸透力をもっています。

 

そんな最新のビタミンC誘導体を配合したシーボディを実際に購入したのでレビューしていきます!

シーボディVCシリーズの購入を検討している方は参考にしてみてください!

 

 

シーボディVCシリーズの公式ページを見てみる

 

商品の基本情報

商品名 シーボディVCシリーズ
販売会社 株式会社シーボディ
分類 化粧品:洗顔料、化粧水
医薬部外品:美容液
価格 薬用VC泡フォーマー:3,456円
VCローション:8,640円
薬用VC泡エッセンス:6,480円
VCビタール:7,344円
トライアル価格 1,944円
送料 無料
内容量 1ヶ月分(洗顔料・化粧水・美容液・クリーム)
1週間分(トライアルセット)
特典 現品購入の際に使える20%OFFクーポン
30日間の返金保証

 

体験レビュー!使ってわかる使用感と口コミ!

IMG_0916[1]

 

シーボディVCシリーズは、以下の3種類がセットになっています。

 


 

  • 化粧水
  • 美容液
  • クリーム

 


 

ニキビ系の化粧品はだいたい洗顔料が入ってくるのですが、珍しく入っていません。

 

IMG_0922[1]

 

では、早速レビューの方に入っていきます!

 

シーボディVCローション(化粧水)

IMG_0923[1]

 

こちらがVCシリーズの化粧水、VCローションです。

表部分だけ見ると、全部英語でアメリカ製っぽく見えてしまいます(笑)

 

IMG_0919[1]

水、ベンチレングリコール、イソステアリルアスコルビルリン酸2Na、レチノイン酸トコフェリル、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリン、トコフェロール、サリチル酸、セイヨウオトギリソウエキス、オウレンエキス、カンゾウ根エキス、セイヨウハッカ葉エキス、オウバクエキス、アルギニン、クエン酸、グリセリン、BG、フェノキシエタノール、EDTA-4Na

 

VCローションの全成分です。

医薬部外品ではないので、有効成分の表示はありません。

 

そして、VC200がメインなのですが、初めの方に出ている”イソステアリルアスコルビルリン酸2Na”という成分です。

ビタミンC誘導体は、非常に優秀な成分で

 


 

  • 皮脂の分泌抑制作用
  • 抗酸化作用
  • メラニンの生成抑制
  • コラーゲン生成の促進

 


 

複数の作用が期待できます。

要は色々なことができるスーパー成分ということです。

 

IMG_0924[1]

 

ちなみに蓋はボトル式となっています。

こぼれにくくなっていて、個人的には好きなタイプです。

 

IMG_0925[1]

 

テクスチャーは、無色透明な化粧水となっています。

香りは特になく、シンプルな作りでした。

 

IMG_0926[1]

 

使ってみるとベタつきは感じますが、まずまずと言った使用感です。

”保湿力は中々ある気がしますが、その分ベタつきもあります”ね。

良くも悪くも普通の化粧水でした。

 

薬用VCエッセンス(薬用美容液)

IMG_0927[1]

 

唯一の医薬部外品で、”有効成分が3種類入っている”という薬用美容液です。

スプレータイプとなっていて、使う側への気遣いを感じます。

 

IMG_0920[1]

有効成分:L-アスコルビン酸 2-グルコシド、イソプロピルメチルフェノール、グリチルリチン酸ジカリウム

その他の成分:テトラ2-ヘキシルデカン酸アスコルビル、天然ビタミンE、ビタミンA油、d-δ-トコフェロール、プラセンタエキス(1)、はちみつ、セイヨウハッカエキス、オトギリソウエキス、オウバクエキス、オウレンエキス、リボフラビン、トウモロコシ油、精製水、1.3-プチレングリコール、1.2ペンタンジオール、10-ヒドロキシデカン酸BG、ボリオキシエチレンメリルグルコシド、水酸化カリウム、カルボキシビニルポリマー、ポリオキシエチレン・メチルポリシロキサン共重合体、ポリオキシエチレンポリオキシプロビレンデシテトラデシルエーテル、2-メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン・メタクリル酸プチル共重合体液、キサンタンガム、フェノキシエタノール

 

美容液の全成分表示がこちらです。

有効成分は、”ビタミンC誘導体”と殺菌作用のある成分、ニキビの炎症を鎮める成分が配合されています。

 

その他の成分を見ても、優秀な美容成分が入っています。

ただ、合成界面活性剤などの添加物も配合されているので、敏感肌の方は注意が必要です。

 

IMG_0929[1]

 

こちらがテクスチャーです。

透明っぽいですが、若干黄色が入った色をしています。

 

少しとろみのある感じのテクスチャーです。

化粧水と同じであまり匂いはしませんでした。(少し薬品っぽい香りがします)

 

IMG_0930[1]

 

さすがに美容液なだけにしっかりと保湿してくれます。

ただ、VCシリーズは全体的にベタつきを感じます。

 

見た目、しっとりとしている感じなのにべたべたを感じてしまいます。

ただ逆に言えば、”乾燥肌や敏感肌の方にも使いやすい”のかもしれません。

 

シーボディVCビタール(クリーム)

IMG_0931[1]

VCシリーズのクリームです。

ひとつのパックで一回分で、それが7つ入っています。

 

IMG_0921[1]

水、BG、グリセリン、スクワラン、トリエチルヘキサノイン、ペンチレングリコール、ポリアクリル酸Na、イソステアリルアスコルビルリン酸2Na、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、レチノイン酸トコフェリル、トコフェロール、セイヨウオトギリソウエキス、オウバクエキス、セイヨウハッカ葉エキス、ジメチコン、オウレンエキス、アルギニン、フェノキシエタノール

 

配合されている成分は、ビタミンC誘導体が配合されています。

その他の保湿成分も、”植物エキスが多く含まれていて保湿力が高そうなクリーム”です。

 

IMG_0932[1]

 

袋から搾り取るように取り出すと、テクスチャーが出てきます。

白色で、香りは特にありませんでした。

見た目は、”シンプルな保湿クリーム”という感じです。

 

IMG_0933[1]

 

シーボディVCシリーズの中で、一番良かったのがこの保湿クリームでした。

馴染むまで少しかかりますが、しっとりします。

 

化粧水と美容液のようなベタつきもないので、使用感は好きです。

ただ本当にシンプルなので、特徴がありません。

テクスチャーの伸びもよくて、しっとりするので乾燥肌とは相性のいいクリームだと思いました。

 

シーボディVCシリーズの公式ページを見てみる

 

シーボディVCシリーズを試して良かった点とメリット

管理人管理人

ビタミンC誘導体の中でも良い成分を配合しています!

1.ビタミンC誘導体の中でも優れた成分を配合

ビタミンC単体では、壊れやすくほとんど浸透しない成分です。

そこで、ビタミンCをビタミンC誘導体にして、安定して浸透しやすくします。

 

細かく見ると、ビタミンC誘導体の中にもいくつか種類があります。

シーボディでは、”VC200”という安定していて浸透力も高い成分を配合しています。

よく売られているようなビタミンC誘導体配合とは違って、よりビタミンCの効果を実感しやすいです。

 

このVC200は単体のビタミンCと比べると、”約200倍の浸透力”をもちます。

かなり優秀な成分です。

 

2.刺激となる成分を排除している

シーボディVCシリーズは”刺激となる成分が無添加”です。

 


 

  • 香料
  • 着色料
  • アルコール
  • 鉱物油
  • パラベン

 


 

パラベンが無添加となっていますが、防腐剤が配合されていないわけではありません。

パラベンの代わりにフェノキシエタノールという成分が入っています。

 

ちなみに防腐剤自体は肌に悪いものではなく、安全に使える成分を利用しています。

シーボディで配合されているものもそうで、この成分で刺激となることはほぼ無いでしょう。

 

3.30日間の全額返金保証付き

トライアルセットの段階から”30日間の全額返金保証”が付いてきます。

現品で1ヶ月間はよくありますが、トライアルセットからは珍しいです。

肌が弱い方でも安心して試すことができます。

 

ちなみに容器は3つとも返さなければならないようなので、気をつけてください。

無いと適用されないみたいです。

 

デメリットと残念だった点

管理人管理人

保湿や箱の状態、価格が残念でした・・・。

1.保湿が気になる

保湿力が低いというわけではありませんが、ビタミンC誘導体の効果から保湿が気になります。

ビタミンC誘導体は色々な効果をもちますが、その中のひとつに”皮脂の分泌を抑制する作用”があります。

 

ニキビケアとして見れば、皮脂が出なくなるから良く見えるかもしれませんが、乾燥が心配になります。

皮脂は乾燥を始めとした外部の刺激から肌を守る役割があります。

 

その皮脂の分泌を抑制すると、乾燥から守るものが減り、乾燥を促進させると考えられます。

シーボディも植物エキスを配合し、保湿力を高めていますが、肌質によっては乾燥するかもしれないです。

 

2.箱が汚い状態で届いた

VCシリーズで一番残念だったのが、”箱がすごい汚い状態で届いた”ことです。

配達した人の扱いが悪かったのか、届いた時にはボロボロの状態でした。

 

IMG_0877[1]

 

IMG_0878[1]

 

化粧品が無事だったのでなんてことはないのですが、残念だなとは思いました。

僕は、こういうのはあまり気にしたことはないのですが、気になる人は気になると思います。

 

「最悪、それだけでこの化粧品は使わない」と考えてしまう人もいるかもしれません。

それに、化粧品を配達するときはせめて凹みなどをつけないように運ぶか、丈夫な段ボールの素材を使った箱にしてほしかったです。

 

3.現品の価格が高い

  • 薬用VC泡フォーマー:3,456円
  • VCローション:8,640円
  • 薬用VC泡エッセンス:6,480円
  • VCビタール:7,344円

 

洗顔料から保湿クリームまでの現品価格をまとめてみました。

全体的に価格が高いですね。

 

個人的には洗顔から保湿までを5000円以内に収めたいと考えています。

正直、化粧品がここまで高いと継続するのは難しい気がしてきます。

 

シーボディVCシリーズの公式ページを見てみる

2018年度!ニキビ化粧品ランキングを見てみる

 

価格比較

シーボディは、楽天と公式サイトで販売されていました。

Amazonにも無くはなかったのですが、トライアルセットの販売はされていませんでした。

 

公式 楽天
価格 1,080円 1,944円
送料 無料 無料
特典 20%OFFクーポン 15%OFFクーポン

 

楽天の方は、シーボディオフィシャルがやっている店舗なのですが、割引は公式サイトのみとなっているようです。

また、特典の次回使えるクーポンにも差があります。

ただ、公式サイトでは毎月200個限定らしいので、お早めに。

 

シーボディVCシリーズの辛口評価!

点数 一言コメント
ニキビ予防 9点 ビタミンC誘導体や殺菌作用のある成分、抗炎症作用をもつ成分でニキビ予防ができます。
保湿 7点 保湿成分は配合されていますが、ビタミンC誘導体の皮脂抑制で乾燥を感じるかもしれません。
安全度 10点 刺激のある成分は入ってません。
サポートの充実度 8点 30日の返金保証付きです。
独自性 8点 VC200というビタミンC誘導体をメインにしています。

管理人管理人

保湿力が気になりますが、優秀な化粧品です!

”ビタミンC誘導体”をメインとして使った化粧品です。

この成分は、ニキビの炎症を鎮め、皮脂分泌を抑制します。

 

しかも、美白成分として認められていることもあって、ニキビ跡の予防として使うこともできます。

ビタミンC誘導体は、刺激性もなく敏感肌でも使えるので安心です。

 

ただ、気になるのが”ビタミンC誘導体の皮脂分泌を抑制する作用による乾燥”です。

優秀で様々な効果をもつこの成分だからこそ、デメリットとして働いてしまうこともあります。

 

それでも、実際に使った時はそこまで乾燥を感じませんでした。

上手く保湿成分や植物エキスを配合したという感じがします。

 

もし、不安でしたら30日間全額返金保証付きです。

ニキビ化粧品としては、検討する価値があります。

 

シーボディVCシリーズの公式ページを見てみる