背中ニキビを治す

 

 

「結婚式でウェディングドレスを着るから背中をきれいにしたい!」

「海とかプールに行くときに背中ニキビを見られたくない・・・」

 

こんな悩みありませんか?

今回は、背中ニキビの超現実的な治し方について解説します。

 

背中ニキビについて悩んできた人は色々な情報をかき集めているでしょう。

しかし、あまり納得のいく治し方は見つけられていないのでは無いでしょうか?

 

例えば、背中ニキビの治し方について調べるとこんな情報が出てきます。

 

  • 背中ニキビは洗い残しが原因です!
  • 背中ニキビを治すなら保湿をしましょう!

 

もちろん、間違っているわけではありません。

しかし、「これをやって背中ニキビが治るのか?」と聞かれれば、それは難しいでしょう。

 

というより、保湿をするだけで治るのであれば、そこまで悩む必要もありません。

今回は、上辺な情報ではなくて、超現実的に背中ニキビを治すならどうするべきかを解説します。

 

背中ニキビに悩んでいる方は必見です!

 

背中ニキビはマラセチア毛包炎かも!?

 

アクネ菌とマラセチア菌

 

背中ニキビは顔と部位が違うだけで、ほとんど同じニキビです。

ただひとつ違うところを挙げるとしたら、原因菌が”アクネ菌ではない場合がある点”です。

 

”アクネ菌”は聞いたことがあると思います。

ニキビの原因になっている菌と言ったらこいつですよね。

 

でも、背中のニキビでは”マラセチア菌”という菌が原因になることがあります。

専門的に言えば、”マラセチア毛包炎”というのが正確な病名で、ニキビ(尋常性ざ瘡)とは違う病気です。

 

【マラセチア毛包炎】

マラセチア毛包炎

(引用元:DreamQuest

 

 

見た目は、ニキビとほとんど変わらないです。

しかし、”この病気にニキビの薬を使うと、かえって悪化するケースもあります。”

 

つまり、体にできるニキビは慎重に治していかなければならないのです。

おそらくただ保湿しているだけでは、いつまで経っても治らないということはありえます。

 

ニキビかマラセチア毛包炎か見極める上でも必ず皮膚科に行きましょう。

 

背中はケロイドを作りやすい

背中ニキビからニキビ跡になったことがあるという人は少なくありません。

背中は引っ掻いたり、ゴシゴシと擦ったりしてしまうことが多いので、大変ですよね。

 

その中でも注意してほしいのが”ケロイド”というニキビ跡です。

背中はこのケロイドができやすいです。

 

ケロイドとは、専門的には”肥厚性瘢痕”と呼ばれています。

ニキビの炎症が強く、ダメージを受けてしまった肌はコラーゲンなどで修復しようとします。

 

その結果として必要以上に作られてしまい、赤く盛り上がったようなニキビ跡ができます。

ケロイドは一度できてしまうと、中々治りません。

 

赤いケロイドは徐々に改善していきますが、白く跡が残ることがあります。

こうなると、手術をする以外で治すのは難しいです。

 

背中ニキビを治す超現実的な方法!背中ニキビの治し方

 

背中ニキビの治し方

 

背中ニキビを治してくために初めにやるべきことは”ぶつぶつの判別”です。

背中にできているぶつぶつが「ニキビなのか?」それとも「マラセチア毛包炎なのか?」を見分けないことには治すことはできません。

そこで、初めにやるべきことは”皮膚科への受診”です。

 

「背中ニキビで皮膚科に行くの??」

 

このように思われるかもしれませんが、背中ニキビを治すなら必須になります。

というのも、もしマラセチア毛包炎だった場合に皮膚科で治療をすれば、時間がかからずに軽快することが多いです。

 

マラセチア毛包炎の特徴は”自然治癒は難しいが、薬を使うと治りやすい”というのがあります。

つまり、背中ニキビで皮膚科に行くことは”超合理的な治し方”なのです。

 

では、背中ニキビやマラセチア毛包炎は具体的にどんな治療をするのかを紹介します。

 

1.ベピオゲルを使った治療

ベピオゲル

 

背中ニキビを治していくなら、おそらくベピオゲルの処方箋を出していただけると思います。

皮膚科や症状によって変わってくるとは思いますが、背中ニキビにはベピオゲルが有効です。

 

ベピオゲルとは、”ニキビ治療ガイドラインでニキビに強く推奨されている薬”です。

ディフェリンゲルとともに「A」という一番高い推奨度に指定されています。

 

つまり、ニキビの強い味方ですね。

なぜ、ベピオゲルが背中ニキビに有効なのかというと、”抗菌効果””ピーリング効果”の2つを持っているからです。

 

特にピーリング効果があるので、ニキビを根本から予防してくれる働きをもちます。

しかも、背中ニキビのような広い面で使っていても、問題がありません。

 

まさに背中ニキビ向きの薬なんです!!

デメリットをあげるなら、”皮膚科に行かなければ手に入らない”ということですが、判別する上でも必要なので必ず行きましょう!

 

2.飲み薬タイプの抗菌薬

ビブラマイシンとミノマイシン

もし、あなたが一人暮らしなら、背中に届かない部分が出てきます。

先ほど紹介したベピオゲルは塗り薬なので、使うのが難しくなります。

 

そんなときは、”内服タイプの抗菌薬が処方されることもあります。”

画像にある飲み薬もニキビ治療ガイドラインで「A(A`)」に指定されている強力な薬です。

 

ただ、ベピオゲルとは違って予防する働きはなく、今あるニキビを治していく薬になります。

もちろん、今あるニキビが治っていくという意味では良いのですが、繰り返しできる恐れが出てきます。

 

実際に皮膚科へ行ったときは”塗れる範囲でベピオゲルを塗っていき、飲み薬を飲むという形になるかも”しれません。

この辺りは皮膚科に行かないとわかりませんが、”背中ニキビに有効な治療があるということがわかっていただければ嬉しい”です。

 

3.保険適用外ですが、ケミカルピーリングもあり

ケミカルピーリング

 

上の2つの塗り薬と飲み薬は保険適用内で、3割負担になる治療でした。

一方の保険適用外にも背中ニキビに有効な治療法があります。

 

それが”ケミカルピーリング”です。

ケミカルピーリングとは、薬剤を背中に塗って、古い角質や毛穴づまりを溶かして取り除く治療のことを言います。

 

2週間に1回のペースで、5,6回ほどの治療をしていきます。

ケミカルピーリングは保険が効きませんが、”1つの選択肢として推奨されている治療法”です。

 

面が広い背中には向いている治療なので、検討するのもありです。

ただ、デメリットもあって、皮膚科に5,6回通わなければならないのとお金がかかるという点です。

 

それを理解の上で、治療を受けてみてはいかがでしょう?

 

背中ニキビを治すときの注意点!ディフェリンゲルは厳禁!

背中ニキビにディフェリンは使わない

 

背中ニキビの治し方で色々な治療法を紹介しました。

治し方では触れていませんでしたが、ニキビの治療にはディフェリンゲルという定番的な薬があります。

 

しかし、”背中ニキビにディフェリンゲルを使うのは厳禁”です。

なぜなら、ディフェリンゲルを背中に使ってしまうと、大量に塗ることになり、安全性が確認されている範囲を超えてしまうからです。

 

もし、前使っていたディフェリンゲルが余っていても、背中のニキビには使わないようにしてください。

皮膚科でしかもらわない薬を使うときは、皮膚科医の先生の指示の下でお願いします。

 

マラセチア毛包炎の治し方

 

マラセチア毛包炎の治療に使われる薬

 

マラセチア毛包炎は、”カビ菌”が原因だと説明しました。

ニキビとは全く別の病気になるので、使う薬も全く違います。

 

マラセチア毛包炎で主に使われる薬は下記の2つです。

マラセチア毛包炎の薬

これらは塗り薬と飲み薬になっていますが、皮膚科によって処方される薬は変わってきます。

マラセチア毛包炎はこの薬は最低でも数週間から2ヶ月ほど使うと、改善していきます。

 

ただ、この辺は個人差があるので、一概には言えません。

もし、全然効果を感じられないようでしたら、再度皮膚科の先生に相談してみてください。

 

まとめ

背中ニキビを治していくには、皮膚科を受診することが必須です。

特に背中ニキビはニキビではない可能性も十分にあるので、一度行ってみてください。

 

もし、背中ニキビに悩んでいて、保湿ケア商品の購入を検討しているのなら少し待ってください。

そのお金は、皮膚科に使う方が間違いないです。

 

なぜなら、保湿とはニキビを予防するものであって、ニキビを治すものでは無いからです。

化粧品を試すよりもまずは薬を使った治療をしてみることをオススメします。