ニキビピル

 

 

今回は、ピルがニキビに効果的かを考えていきます。

 

ピルは避妊薬として有名ですが、男性ホルモンを抑制して女性ホルモンを優位にすることからニキビ治療にも使われています。

ニキビは男性ホルモンが原因にもなるので、”ピルはニキビに効果がある”と言えます。

 

しかし、ピルの治療にもデメリットがありますし、個人で使うには危険です。

このページでは、ニキビとピルについてまとめていきます。

 

ピルがニキビに効く理由

先ほども簡単に説明しましたが、”ピルには男性ホルモンを抑制して女性ホルモンを優位にする効果”があります。

男性ホルモンはニキビの原因になる要素が2つあります。

 


 

  • 過剰な皮脂分泌
  • 角化異常

 


 

男性ホルモンが優位になると、皮脂が過剰に分泌されます。

アクネ菌は皮脂を好むので、大量に繁殖していきます。

 

また、一番問題なのが”角化異常”です。

 

角化異常

 

角化異常とは、肌表面のバリア機能を厚くしてしまう肌トラブルです。

この状態になると、毛穴が角栓によって閉じてしまうので、ニキビの根本的な原因になってしまいます。

 

そこで、ピルが男性ホルモンを抑制することで、この2つの原因を止めてくれます。

しかも、女性ホルモンを優位にすることができるので、肌をキレイにします。

 

ホルモンバランスの仕組み

女性ホルモンには、”黄体ホルモン””卵胞ホルモン”と呼ばれる2つのホルモンがあります。

生理前に多く分泌されるのが黄体ホルモンです。

 

生理前になると、イライラやむくみやすくなりますが、これは黄体ホルモンの影響です。

”黄体ホルモンはニキビやシミをできやすくする”と言われています。

 

一方の卵胞ホルモンは生理後に多く分泌されるホルモンで、コラーゲンの生成量が高まります。

すると、皮膚の水分量も高くなり、結果的にニキビができにくい肌になります。

ピルにはどちらの女性ホルモンも含まれていますが、卵胞ホルモンの効果を使ってニキビ治療を行います。

 

ピル治療の3つのデメリット

 

経口避妊薬のデメリット

 

ピルがニキビに効く理由について解説しました。

しかし、ピルにはデ大きなデメリットがあります。

 

このデメリットがあるため、日本皮膚科学会ではニキビ治療として推奨されていません。(C2)

使用が禁止されているわけではありませんが、”優先して行う治療では無い”ということがわかります。

 

1.保険が適用されていない

ピルはニキビに有効ですが、保険が適用された薬ではありません。

ニキビ治療をし始めの人は、保険が適用された治療があります。

 

”優先してやるべきは保険が適用された治療”です。

 

ディフェリンゲル

 

有名どころで言えば、「ディフェリンゲル」や「ダラシンTゲル」などの高い効果をもった薬があります。

 

これらは保険が適用されていて、3割負担で治療を受けることができます。

ピルがニキビに効果があるのは疑う余地はありませんが、”保険が適用される治療を受けて効果が無かったときに使うべき”です。

 

2.血栓形成・不正性器出血などの副作用

ピルも”医薬品”なので、副作用があります。

ピルの最大のデメリットと言われているのが”血栓症”です。

 

”血栓症とは血液が固まり、血管を詰まらせてしまう病気”です。

最悪なのが心筋梗塞や脳卒中になるリスクを高めてしまうことです。

喫煙や高血圧の女性以外はリスクがほとんど上がらないようですが、当てはまっていると1.5倍から10倍まで高くなります。

 

”美肌ホルモンと言われている卵胞ホルモンが多く含まれていると、血栓症のリスクが高くなる”と言われています。

皮膚科医の先生が聞くとは思いますが、喫煙や高血圧ぎみの女性はおすすめしません。

 

3.一時的な効果の場合が多い

ピルを飲んでいるときは男性ホルモンが抑制されて、女性ホルモン優位になります。

しかし、”ピルを飲み終わってからニキビが再発してしまう場合が多い”です。

 

この場合は、再度ニキビ治療を行う必要があります。

ピルによって肌がキレイになったとしても、”ニキビを再発しないように維持療法として薬を使うべき”です。

もし、ピルを使ってニキビが治ったけど、再発したという人は皮膚科へ相談に行きましょう。

 

ニキビにおすすめのピル

ピルは黄体ホルモンに似た物質を配合しています。

プロゲストーゲンと呼ばれているもので、この種類によって分類されています。

 


 

  • 第一世代(ノルエチステロン)
  • 第二世代(レボノルゲストレル)
  • 第三世代(デソゲストレル)
  • 第四世代(ドロスピレノン)

 


 

この中で”血栓症のリスクが比較的低いと言われているのは第一世代と第二世代”です。

しかし、喫煙者ではなく高血圧で無ければ、血栓症のリスクを気にする必要は無いようです。

ここではニキビ治療に使われることが多い低用量ピルを紹介します。

 

トリキュラー

トリキュラー

 

トリキュラーは第二世代のピルです。

トリキュラーには、21日間飲むタイプと28日間飲むタイプがあります。

 

トリキュラーのジェネリック医薬品なのがラベルフィーユというピルです。

日本で一番人気と言っていいほど使われているピルなので、後ほど解説します。

 

ヤーズ

ヤーズ

 

ヤーズは第四世代の低用量ピルです。

卵胞ホルモンが少ない低用量ピルですが、”2011年11月~2014年1月の間で血栓症によって3人死亡した”という報告がされています。

 

このことから卵胞ホルモンが少なくても、別の要因で血栓症のリスクが高まるということがわかります。

ニキビに効きやすいピルのひとつですが、自分の体調や状況を見て検討してください。

 

マーベロン

マーベロン

 

マーベロンは第三世代のピルです。

マーベロンにも21錠と28錠の2種類があります。

 

ニキビ治療によく利用されるピルの一種で、皮脂の分泌が少ないのが特徴です。

比較的血栓症のリスクが高いですが、ニキビ治療の効果が高くなっています。

 

ラベルフィーユ

トリキュラーのジェネリック医薬品で、同じく第二世代のピルです。

 

ジェネリック医薬品とは?
ジェネリック医薬品とは、特許が切れた医薬品を他の会社が安く作った薬のことです。同じ成分が含まれていますが、安い値段で手に入れることができます。

 

低用量ピルの副作用のひとつである不正出血のリスクが低いのが特徴です。

ニキビ治療にも効果が高いとされています。

 

ピルは最優先で使うべき薬ではない

ここまでニキビとピルについて解説してきました。

低用量ピルによって、ホルモンバランスから治療ができるのはニキビに高い効果が期待できます。

 

しかし、最優先で使うべきはピルではありません。

”ピルよりも保険が適用されているディフェリンゲルをニキビ治療として優先して使うべき”です。

 

そしてディフェリンゲルを始めとした治療薬を使っても、効き目が無かったという人はピルを検討しましょう。

ホルモン治療は非常に効果的な治療ですが、皮膚科医の先生と相談しながら利用してください。

 

個人で手に入れて治療するのは危険

ピルは避妊薬として個人輸入で手に入れることができます。

しかし、個人で勝手に判断して、治療するのはおすすめできません。

 

ピルを使ったニキビ治療をするときは、必ず皮膚科医の先生の指示に従って治療を行ってください。

副作用の問題もありますので、勝手に使わないように治療をしましょう。