オロナイン

 

「オロナインでニキビは治りますか?」

「オロナインがニキビに効果あるなら、使い方を教えてほしい!」

 

今回はオロナインでニキビが治せるかを考察していきます。

オロナインはCMでも宣伝されていて、有名な消毒薬です。

 

しかしよくよく調べてみると、”ニキビにはそこまでの効果がないどころかニキビの原因になる恐れもありました。”

そこで、今回はオロナインの効果を考察しつつ、正しい使い方や間違った使い方などを解説していきます!

オロナインとニキビについて知りたい方は参考にしてみてください!

 

オロナインとは?簡単に説明

オロナイン

 

 

オロナインとは、1953年に発売開始された殺菌消毒薬です。

50年以上のロングセラー商品ですが、宣伝に積極的なこともあり、古さはそこまで感じません。

殺菌消毒薬ということもあって、幅広い効果・効能が認められています。

 

【効能・効果】にきび、吹き出物、はたけ、やけど(かるいもの)、ひび、しもやけ、あかぎれ、きず、水虫(じゅくじゅくしていないもの)、たむし、いんきん、しらくも

 

殺菌消毒以外にも、”グリセリンやワセリンが配合されていて保湿力が高い”です。

この保湿力の高さもあって、パックや水に溶かして化粧水として使っている方もいます。

 

オロナインの効果

オロナインは主に”殺菌作用””保湿作用”の2つがあります。

 

有効成分:クロルヘキシジングルコン酸塩液

添加物:ラウロマクロゴール、ポリソルベート80、硫酸AI/K、マクロゴール、グリセリン、オリブ油、ステアリルアルコール、サラシミツロウ、ワセリン、自己乳化型ステアリン酸グリセリル、香料、精製水

 

有効成分であるクロルヘキシジングルコン酸塩液は優れた殺菌成分で、医療現場でも使われています。

一度塗ると長く皮膚に残り抗菌してくれますし、肌への刺激もほとんどありません。

またこの”殺菌作用は細菌であるアクネ菌に対しても有効”です。

 

クロルヘキシジングルコン酸塩液の作用

病院で広く使用されている殺菌消毒薬です。主成分のグルコン酸クロルヘキシジンが有効なのは、おもに細菌に対してです。真菌(カビ)に対しては効果が劣り、ウイルスに対しては無効です。

(引用元:お薬110番クロルヘキシジン グルコン酸塩

 

このように”オロナインはアクネ菌を殺菌してくれるため、ニキビに対しても有効と言える”のです。

ただし、この薬はニキビに対しての有効性を示した実験は見つかりませんでしたし、皮膚科で使われている抗菌薬の方が高い効果が見込めます。

 

オロナインがニキビの原因になる可能性もある

オロナインを使ったら、ニキビが悪化した方やニキビができてしまったという方がちらほら見られます。

初めはオロナイン以外の要因だと思っていましたが、オロナインがニキビの原因になる可能性を見つけました。

それは”オロナインに含まれるオリーブオイル(オリブ油)”です。

 

有効成分:クロルヘキシジングルコン酸塩液

添加物:ラウロマクロゴール、ポリソルベート80、硫酸AI/K、マクロゴール、グリセリン、オリブ油、ステアリルアルコール、サラシミツロウ、ワセリン、自己乳化型ステアリン酸グリセリル、香料、精製水

 

オリーブオイルの約75%は”オレイン酸”という成分で構成されています。

ある研究によると、ニキビを誘発してしまう成分としてオレイン酸を報告しています。

 

Half of 25 facial cosmetic creams were found to be mildly comedogenic when tested in rabbits’ external ear canals. Substances which are common constituents of cosmetics were also comedogenic, namely, lanolin, petrolatum, certain vegetable oils, and pure chemicals such as butyl stearate, lauryl alcohol, and oleic acid.

(訳:ウサギの外耳道で試験した場合、25の顔面化粧クリームの半分が軽度のコメド形成性であることが判明した。化粧品の共通成分である物質は、コメディアン生成物、すなわちラノリン、ペトロラタム、特定の植物油、およびブチルステアレート、ラウリルアルコール、およびオレイン酸のような純粋な化学物質でもあった)

(引用元:“Acne Cosmetica”

 

つまり”オロナインを使うと、ニキビができる原因を作ってしまう恐れがある”のです。

このことから当サイトではニキビに使う市販薬としてオロナインをオススメしていません。

 

ちなみに上の研究によって、化粧品が原因でニキビができることがあるとわかり、日本ではノンコメドジェニックテストというのがおこなわれるようになりました。

 

ノンコメドジェニックテスト済み

 

”日本皮膚科学会はノンコメドジェニックテスト済みの化粧品を推奨している”ので、化粧品選びのときは目安にしてみてください。

 

ニキビにオリーブオイルは今すぐやめろ!オリーブオイルがニキビを悪化させる理由

 

オロナインはすべてのニキビに使って良いわけじゃない

オロナインは効果・効能として「にきび」を挙げています。

しかし、すべてのニキビに対して有効な薬ではありません。

”殺菌作用から考えて、炎症をもつニキビにのみ有効”です。

 

オロナインを使っても良いニキビ

オロナインを使っても良いニキビ

 

オロナインを使ってもいいニキビは”赤ニキビ””黄ニキビ”です。

なぜなら、”オロナインはアクネ菌を殺菌するので、アクネ菌が繁殖して炎症がおきたニキビに有効だから”です。

 

ニキビの炎症は色々なメカニズムで起こりますが、そのすべてにアクネ菌が関わっていることがわかっています。

もし”オロナインがニキビに効果をもつなら、そのアクネ菌を殺菌して炎症を抑制すること”です。

なので、オロナインを使うときは炎症をもった赤ニキビか黄ニキビに使いましょう。

 

オロナインをオススメしないニキビ

オロナインをおすすめしないニキビ

 

一方で”オロナインをオススメしないニキビが、炎症をもたない白ニキビや黒ニキビ”です。

白ニキビや黒ニキビは毛穴が閉じたことで、皮脂が溜まってしまった状態を言います。

 

この状態で、殺菌作用のあるオロナインを使っても意味がありません。

オロナインとは少し別の話ですが、抗菌薬は面ぽう(白ニキビ・黒ニキビ)にはオススメされていません。

 

面皰に、外用抗菌薬を推奨しない。

抗菌薬が面皰に有効とする基礎データが少なく、作用機序に関する根拠もない。

(引用元:尋常性ざ瘡治療ガイドライン2017

 

オロナインはあくまで消毒薬で抗菌薬とは少し違いますが、似た働きをもっているのは事実です。

理論的に考えても、”オロナインが白ニキビや黒ニキビに効果をもつとは考えにくい”です。

 

また他サイトでは、オロナインの保湿作用が白ニキビに効果があるという説明をしていました。

しかし、保湿がニキビ自体に効果を及ぼすことはありませんし、わざわざ殺菌作用のある薬を保湿に使うのは合理的ではありません。

 

オロナインの正しい使い方

塗る範囲 ニキビにのみ
塗り方 清潔な手かガーゼ・綿棒など
使用期間 5~6日

 

オロナインは、”ニキビにのみ塗るのが正しい使い方”です。

基本的に殺菌する必要があるのはアクネ菌が繁殖して炎症を起こしているニキビだけです。

 

ニキビがない部分に塗ってしまうと、全く関係のない細菌まで殺菌してしまい、皮膚の免疫が落ちます。

また塗るときは清潔な手を使うか、綿棒やガーゼなどを使用して塗りましょう。

 

そして注意したいのが”使用期間”です。

公式の添付文書には、5~6日で症状がよくならなければ医師や薬剤師に相談してくださいと書かれています。

 

5~6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し、この添付文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。

(引用元:オロナインH軟膏添付文書

 

ニキビが治らないのにいつまでも使い続けるのはやめましょう。

 

オロナインの間違った使い方

オロナインは人気の高さから間違った使い方で使っている人が多くいます。

よくありがちな間違った使い方として以下の4つを挙げました。

 


 

  • オロナインパック
  • オロナイン化粧水
  • オロナイン絆創膏
  • 化粧下地にオロナイン

 


 

オロナインの使い方としては、上記の4つは間違っています。

それぞれ解説していきます!

 

1.オロナインパック

毛穴パック

 

オロナインパックとは、オロナインを使った後に毛穴パックをするという美容法です。

なぜオロナインを使うと毛穴がより取れるのかというメカニズムは不明ですが、あるサイトでは以下のように説明されていました。

 

オロナインパックと角栓は関係が深く、パックをすると角栓がとれるのです。オロナインが角栓を溶かしてくれるため、角栓が取れやすくなるのです。

(引用元:オロナインパックはニキビに効果的!【角栓もゴッソリ取れる?】

 

どうやら、”オロナインが角栓を溶かすという勘違いが広まっているよう”です。

当然ですが、オロナインに角栓を溶かすという効果はありませんし、そんな成分も配合されていません。

 

なので、”毛穴パックを使う前にオロナインを使ったとしても、全く意味がありません。”

むしろオレイン酸の影響で、毛穴詰まりが起きやすくなる可能性も考えられます。

 

2.水溶きオロナイン

薬用化粧水

 

オロナインを使うときに2,3滴の化粧水を含ませて肌につけるという美容法です。

2つを混ぜたときに乳液くらいになると、ちょうど良いのだとか。

 

しかし”オロナインは顔全体に殺菌をしても、ニキビへの効果が薄まるだけ”です。

また化粧水によってオロナインが薄まりますし、普通に付けた方がニキビには効果的です。

 

3.オロナイン+絆創膏

オロナイン絆創膏

 

ニキビにオロナインを付けて、その上から絆創膏をつけるという美容法です。

今までの中ではまともな感じですが、”絆創膏がニキビを悪化させたり、角化異常を引き起こしたりする恐れがあるのでオススメしません。”

 

これはオロナインに限らず、”ニキビに絆創膏を貼ること自体オススメしていないから”です。

ちなみにニキビを潰して血が出てしまったというときのみ、湿潤療法としてキズパワーパッドをオススメしています。

 

4.オロナインを化粧下地に使う

化粧下地

 

オロナインを化粧下地に使うことは、公式からも注意書きがされています。

 

次の部位には使用しないでください。
(1)湿疹(ただれ、かぶれ)
(2)化粧下
(3)虫さされ

(引用元:オロナインH軟膏-添付文書

 

オロナインは化粧品ではなく医薬品なので、化粧下地として使えるわけがありません。

もし化粧下地としてオロナインを使おうとしているなら、やめましょう。

 

オロナインと他の塗り薬を比較

オロナインと別の市販薬であるテラ・コートリル、皮膚科で扱っているダラシンTゲルを比較しました。

 

オロナイン テラ・コートリル ダラシンTゲル
写真 オロナイン テラ・コートリル ダラシンTゲル
分類 第2類医薬品 指定第2類医薬品 第1類医薬品
効果 三角 丸 花丸
副作用 花丸 花丸 丸
内容量 11g 6g 10g
価格 丸
439円
三角
792円
花丸
155円

 

この中で一番オススメなのは”ダラシンTゲル”です。

皮膚科で取り扱われていて、ニキビに最も推奨されている薬の1つです。

 

また保険適用内となっていて3割負担なので、10g155円とコスパにも優れています。

この3つの中で一番効果が高くコスパもいいので、オススメです。

 

また”市販薬の中だと、テラ・コートリルを最もオススメ”しています。

オロナインと比べて、コスパはかなり悪いですが、ニキビへの効果は期待できます。

なぜなら、配合されている成分がニキビに推奨されている飲み薬の成分と同じ系統の薬だからです。

 

オロナインはニキビにオススメしない

オロナインについて詳しく解説してきましたが、”オロナインをニキビにはオススメしていません。”

理由は、”オレイン酸がニキビの原因になる恐れがあること””ニキビに対して強い薬ではないから”です。

 

家にオロナインしかないという状況で、赤ニキビができていたら付けてもいいかもしれませんが、今からニキビを治そうとしている人にオススメすることはないでしょう。

また市販薬を探している方にもテラ・コートリルをオススメしているので、オロナインを特別オススメすることはありません。

 

当たり前ですが、オロナインパックや水溶きオロナインもオススメしていないです。

ニキビに悩んでいて、オロナインを検討している方は参考にしてみてください!