保湿

 

「肌がテカテカしやすいのですが、良い化粧水ありませんか?」

「肌のベタつきってスキンケアでなんとかならない?」

 

今回は脂性肌に悩む方向けの化粧水をランキング形式で紹介していきます!

「皮脂が出ているのに保湿?」と思われるかもしれませんが、乾燥が原因で脂性肌になっているケースもあります。

 

”肌内部が乾燥していて、それを防ごうと皮脂を分泌しているかもしれない”のです。

そこで”今回はそんなオイリー肌に合う化粧水を解説”していきます。

 

オイリー肌の原因は人によって変わってきますが、保湿が重要なことはどの人にも言えます。

オイリー肌で化粧水をお探しの方は参考にしてみてください。

 

オイリー肌が化粧水を選ぶときの3つのポイント

1.自分のオイリー肌のタイプを知る

実はオイリー肌にもタイプがあります。

 


 

  • 遺伝による脂性肌
  • 乾燥による脂性肌
  • 生活習慣による脂性肌

 


 

それぞれ原因が違うので、化粧水による保湿がほとんど意味がないなんてことも考えられます。

しかし、”化粧水によっては皮脂の分泌を抑制する成分を配合してるものもあります。”

 

この中で一番有名な成分は”ビタミンC誘導体”でしょう。

ビタミンC誘導体は色々な働きがありますが、脂性肌の人にとってもメリットの大きい成分なのです。

 

今回、紹介している化粧水の中にはビタミンC誘導体を配合しているものも多くあります。

ビタミンC誘導体にも色々な種類があるので、参考にしてみてください。

 

2.脂性肌でも保湿力はみる

よく「脂性肌だから保湿はしない!」という人がいます。

しかしこの考え方はやや危険で、脂性肌でも乾燥するときはします。

 

最悪なのが前述した肌の内部が乾燥してしまう”インナードライになること”です。

この肌トラブルは表面的にはオイリー肌に見えてしまうので、スキンケアを間違いやすいです。

脂性肌でも乾燥は避ける必要があるので、”化粧水を選ぶときは保湿力を見ましょう。”

 

3.スーッとする刺激成分は避ける

オイリー肌の人の中には基礎化粧品に清涼感を求めてしまう人がいます。

清涼感とは、スースーする使用感のコスメです。

 

メンズ専用のものにありがちですが、あれは揮発性という性質をもつ成分の効果です。

揮発性とは、水分と熱を奪って蒸発する性質のことを言うのですが、これは肌の上でも例外ではありません。

 

つまり”スーッとする化粧水は肌の水分と熱を奪ってしまう”ので、乾燥しやすくなります。

オイリー肌の方は特に清涼感のある化粧水を避けるようにしてください。

 

脂性にオススメする化粧水を徹底比較

ルナメアACスキンコンディショナー シーボディVCローション サイクルプラス ノブACアクティブ ナチュリエハトムギ化粧水
写真 化粧水 シーボディVCローション エンリッチ化粧水 フェイスローションノーマル ハトムギ化粧水
成分 hanamaru03-003抗炎症成分 hanamaru03-003ビタミンC誘導体 maru48ビタミンC誘導体 maru48抗炎症成分 sankaku2抗炎症成分
保湿力 maru48平均的 maru48

最高クラス

maru48

良い

sankaku2

良い

batu

劣る

安全性 hanamaru03-003良い maru48

良い

maru48良い maru48

良い

sankaku2添加物多め
サポート sankaku2

平均的

hanamaru03-003

最高

maru48

良い

maru48

良い

batu

平均的

価格面 hanamaru03-0031,080円 sankaku21,944円 maru481,728円 maru481,620円 hanamaru03-003650円
総合評価 hanamaru03-0031位 maru48

2位
maru48

3位
sankaku24位

batu

5位
公式 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト

オイリー肌にオススメの化粧水ランキング

1位:ルナメアACスキンコンディショナー

ルナメアACスキンコンディショナー

 

ルナメアACは富士フイルムから販売されている大人ニキビケア化粧品です。

そんなルナメアACのスキンコンディショナーは富士フイルムの独自技術が使われています。

 

そもそもなぜフイルムの会社がコスメを売っているのかと言うと、”フイルムの技術が成分のナノ化に利用できるから”です。

この化粧水も有効成分と保湿成分をナノ化して、新しい成分として配合しています。

 

しかも、ニキビ専用の化粧品にありがちな殺菌剤は無添加です。

オイリー肌の方に特にオススメしたいなと感じているのは肌質に合わせて、”ノーマルタイプとしっとりタイプの2種類から選べる”点です。

 

脂性肌の方はノーマルタイプを選べばいいですし、乾燥しやすい人はしっとりタイプを選ぶことができます。

脂性肌の方は検討してみてはいかがでしょうか?

 

ルナメアACの公式ページを見てみる

 

2位:シーボディVCローションローション

シーボディVCローション

 

SiBODYから出ているビタミンC誘導体コスメです。

配合しているビタミンC誘導体は最新の”Funcos C-IS”という成分です。

 

この成分は”普通のビタミンCの200倍の浸透力と最も有名なビタミンC誘導体であるAPPSの2倍の浸透力”をもちます。

変換効率もAPPSに比べて良いので、注目されているビタミンC誘導体です。

 

前述したようにビタミンC誘導体には皮脂分泌を抑制する働きがあります。

しかしビタミンC誘導体の種類によってはほとんど浸透しないものもある中で、この化粧水は成分の質にこだわっています。

 

しかもこのコスメはトライアルセットの段階から”30日間の返金保証”が付いています。

ビタミンC誘導体の中でもトップクラスで優秀な成分を配合しているので、脂性肌の方は試してみる価値ありです。

 

シーボディVCシリーズの公式ページを見てみる

 

3位:サイクルプラスエンリッチ化粧水

サイクルプラス

 

サイクルプラスは”ビタミンCの誘導体のAPPS(アプレシエ)を配合した化粧水”です。

この化粧水はビタミンC誘導体の品質にも気を配っていて、2剤式になっています。

 

2剤式というのは粉末と水の状態に分けられていて、使う前に混ぜて使うという方式のことを言います。

APPSは溶けた状態だと変質しやすいというデメリットがあるため、それを補った形です。

 

”アプレシエは通常のビタミンCの100倍の浸透力”があります。

他にも5種類のヒアルロン酸や6種類の美容成分を配合しています。

 

今なら初回限定でハーフサイズとトライアルセット、スペシャルアイテムのセットが1600円で試すことができます。

オイリー肌の方は一度試してみてはいかがでしょうか?

 

サイクルプラスの公式ページを見てみる

 

4位:ノブACフェイスローション

 

フェイスローションノーマル

 

常磐医薬品から出ているNOVの大人ニキビケアシリーズです。

NOVは”複数の皮膚科医の方が開発に関わっているドクターズコスメで、皮膚科に置かれていることも”あります。

 

そんなノブACアクティブの化粧水は”さっぱりとした使用感と保湿力の高い成分を配合しているのが特徴”です。

配合成分にはビタミンC誘導体やビタミンB2,B6誘導体、ビタミンE誘導体が配合されています。

 

保湿成分にはリピジュアやアミノ酸を配合し、保湿力を高めています。

”100%オイルフリー処方”ですし、肌質に合わせてノーマルタイプとしっとりタイプに使い分けすることもできます。

 

医薬品会社が販売していることもあってか、様々な安全性試験を受けています。

脂性肌でニキビにも悩んでいる方は試してみる価値ありです。

 

ノブACアクティブの公式ページを見てみる

 

5位:ナチュリエハトムギ化粧水

ハトムギ化粧水

 

ナチュリエのハトムギ化粧水は大容量でコスパが良いことから口コミで人気を集めています。

この化粧水は”500mlという大容量で、650円という低価格”です。

 

しかも、ハトムギエキスやグリチルリチン酸ジカリウムなどの肌荒れ防止になる成分が配合されています。

かなり人気のプチプラコスメということもあって、ドラッグストアでも売られていますしAmazonにもあります。

 

ただ”ほとんどが水で構成されていて、保湿力が低い”というのが正直なところです。

エタノールも配合されているので、肌が弱い人にはオススメできません。

市販で価格の安い化粧水を探しているという方は試してみてはいかがでしょうか?

 

ハトムギ化粧水のAmazonページを見てみる

 

6位:オルビス薬用クリアローション

オルビス薬用クリアローション

 

オルビス薬用クリアは25年の歴史がある定番の化粧品です。

オルビス薬用クリアローションの特徴は”100%オイルカットで、高保湿”という点です。

 

保湿成分には浸透型コラーゲンやヨクイニンエキスが配合されています。

オルビスは定期的にリニューアルされていて、今回のリニューアルでより皮脂に馴染む処方で浸透力も高めています。

 

有効成分はグリチルリチン酸2Kが配合されていて、肌荒れ防止になります。

オルビスは全体的にさっぱりとした使用感が特徴なので、”オイリー肌の方は使用感としては気持ちが良い”と思います。

 

ただエタノールが含まれているので、肌が弱い人にはオススメできません。

トライアルセットを購入すると、”30日以内の返品保証”が付いています。

オイリー肌の方は検討してみてはいかがでしょうか?

 

オルビスクリアの公式ページを見てみる

 

7位:草花木果どくだみ整肌化粧水草花木果どくだみ整肌化粧水

 

草花木果から販売されているニキビ対策用の化粧水です。

この化粧水は有効成分にはトラネキサム酸とグリチルリチン酸塩を配合しています。

 

それぞれ”美白成分””抗炎症成分”です。

保湿成分にはどくだみエキスや植物エキスとグリセリンを組み合わせた成分が使われています。

 

どくだみと聞くと、ニオイがキツそうと思われるかもしれませんが、”天然の香料が使われていてオーガニックコスメのような香り”がします。

この化粧品もさっぱりタイプとしっとりタイプに分けられていて、肌質に合わせて選べます。

さっぱりとした使用感の化粧水を使いたいという方は試す価値ありです。

 

草花木果どくだみの公式ページを見てみる

 

8位:リプロスキン

リプロスキン

 

リプロスキンはニキビ跡に悩む人に人気を集めている化粧水です。

”累計販売数は85万本を突破していて、口コミでも人気”を集めています。

 

配合している成分には保湿力の高いヒアルロン酸やコラーゲンを配合しています。

その他にも16種類の美容成分を配合していて、肌の乾燥は防げます。

 

またアルコールや合成香料、合成着色料は無添加です。

肌の刺激となるような成分を配合していないので、”敏感肌の方も利用できます。”

 

徹底的にこだわりをもって作られた化粧水ですが、サポート面でも”60日間の返金保証”が付いています。

定期コースだと4回連続で購入しなければなりませんが、試す価値ありです。

 

リプロスキンの公式ページを見てみる

 

9位:ラ・ミューテエンリッチ化粧水

エンリッチ化粧水

 

ラ・ミューテは”ダマスクローズを配合した高保湿ケア化粧品”です。

ダマスクローズを配合したことで、女性ホルモンのバランスやストレスの緩和の働きがあります。

 

スキンケアだけではなく、”内面にも働きかけることができる”のです。

また化粧水には保湿成分としてナノ化したコラーゲンやヒアルロン酸を配合しています。

 

ラ・ミューテは全体的に高保湿成分をたっぷり配合しているので、”インナードライの方にオススメ”します。

ラ・ミューテのすごい点は”女性ホルモンセルフケアBOOKや肌タイプ別サポート、180日間返金保証が付いている”点です。

 

化粧品のクオリティも高いですが、サポート面も他よりも優れています。

インナードライの方はラ・ミューテを検討してみてはいかがでしょうか?

 

ラ・ミューテの公式ページを見てみる

 

10位:アクポレスクリアローション

クリアローション

 

アクポレスはライスパワーエキスコスメで有名なライスフォースの姉妹ブランドです。

この化粧品はニキビケア用ですが、”ライスパワーエキスが配合”されています。

 

そんなアクポレスのクリアローションはライスパワーエキスNo.10とライスパワーエキスNo.1の2種類を配合しています。

ライスパワーエキスNo.10は”皮脂のバランスを整える働きがある成分で、オイリー肌に有効”です。

 

No.1は保湿成分として配合されています。

有効成分はグリチルリチン酸2Kで肌荒れを防ぎます。

 

特典には”30日間全額返金保証や毛穴&ニキビ対策BOOK、オリジナルポーチ、コットン”が付きます。

オイリー肌の方は検討してみる価値ありです。

 

アクポレスの公式ページを見てみる

 

オイリー肌に化粧水をオススメするなら、ルナメアACスキンコンディショナー

ルナメアACスキンコンディショナー

 

オイリー肌で化粧水を探しているなら、”ルナメアACをオススメ”します。

スキンコンディショナーは富士フイルム独自のナノ化技術を利用して作られた化粧水です。

 

有効成分と保湿成分を同時にナノ化しているので、浸透力が高く肌荒れを防ぎつつ保湿することができます。

”肌質に合わせてノーマルとしっとりを選ぶことができるのもポイント”です。

オイリー肌の方は一度試してみたい化粧水です。

 

ルナメアACの公式ページを見てみる

 

2018年版ニキビに効く化粧水ランキング!化粧水選びに悩む人必見!