飲み薬

 

「ニキビがすぐ治せる最強の飲み薬ありませんか?」

「皮膚科の飲み薬と市販の飲み薬はどちらがオススメ?」

 

今回はニキビに効果がある飲み薬についてまとめていきます。

ニキビは肌の病気ですが、塗り薬だけではなく飲み薬も多くあります。

 

皮膚科で使われる薬や市販で売られている薬、自由診療でしか手に入らない薬などです。

数が多い分、ニキビを治すのにどの飲み薬を使えば良いのかわからなくなりますよね。

 

そこで今回はニキビに使われている飲み薬をまとめて紹介して、どんな薬があるのかや推奨度を解説していきます!

ニキビの飲み薬について気になっている方は参考にしてみてください!

 

飲む抗菌薬・抗生物質

ドキシサイクリン(ビブラマイシン)

ビブラマイシン

 

効果 抗菌作用
抗炎症作用
効果のあるニキビ 赤ニキビ
推奨度 A(赤ニキビ)
保険の適用 なし

 

推奨度Aの飲み薬です。

抗菌作用の他に抗炎症作用もあります。

 

副作用も比較的少なくて、処方されるという人も多いです。

赤ニキビに一番推奨されている飲み薬になります。

 

ビブラマイシンのニキビへの効果から副作用まで!抗生物質には注意?

 

ミノサイクリン(ミノマイシン)

ミノマイシン

 

効果 抗菌
リパーゼ活性抑制
活性酸素抑制
効果のあるニキビ 赤ニキビ
推奨度 A*
保険の適用 なし

 

推奨度A*の飲み薬です。

抗菌作用だけではなく、リパーゼ活性抑制作用や白血球遊走抑制作用、活性酸素抑制作用があります。

推奨度は高いですが、ビブラマイシンよりも副作用の頻度が高いことから「A*」という評価になっています。

 

ミノマイシンはニキビに効果ある?副作用や飲み方も解説!

 

ロキシスロマイシン(ルリッド)

ルリッド

 

効果 抗菌作用
効果のあるニキビ 赤ニキビ
推奨度 B
保険の適用 あり

 

推奨度Bの飲み薬です。

僕が皮膚科へ行ったときに処方された飲み薬がこれでした。

保険が適用される飲み薬で、処方される方も多いです。

 

ルリッドはニキビを治せる?その強力な効果から副作用まで

 

ファロペネム(ファロム)

ファロム

 

効果 抗菌作用
効果のあるニキビ 赤ニキビ
推奨度 B
保険の適用 あり

 

同じく推奨度Bの飲み薬です。

抗菌作用をもつ薬で、保険が適用されています。

 

抗炎症作用は無いのであまり使わないという人が多いです。

しかし、使われていないだけに耐性菌をもった人が少ないというメリットがあります。

 

ファロペネム(ファロム)は下痢に注意!ニキビへの効果と飲み方とは?

 

漢方薬

漢方薬

 

有効率 77%
総皮疹の減少率
備考
参考 https://www.jstage.jst.go.jp/article/kampomed/67/2/67_123/_pdf/-char/ja

 

漢方薬は薬によって推奨度が変わりますが、一番推奨されているもので「C1」です。

以下の3つがC1の漢方薬になります。

 


 

  • 荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)
  • 清上防風湯(せいじょうぼうふうとう)
  • 十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)

 


 

白ニキビ・赤ニキビともに推奨されているのが荊芥連翹湯という薬です。

他の2つは赤ニキビのみに推奨されています。

漢方薬は漢方医学に詳しい先生でなければ、処方するのが難しいので先生次第というところがあります。

 

ニキビに漢方!?びっくりするほど効果がある漢方薬を紹介

 

荊芥連翹湯

荊芥連翹湯

 

効果のあるニキビ 白ニキビ・赤ニキビ
推奨度 C1(白ニキビ・赤ニキビ)
保険の適用 あり

 

荊芥連翹湯は白ニキビ・赤ニキビともに選択肢の1つとして推奨されている漢方です。

漢方は色々な種類ありますが、白ニキビにc1の推奨度を唯一もっています。

 

しかも効果も高く、飲む抗生物質の中で最も推奨されている薬に匹敵するほどです。

主に抗菌薬に副作用がある場合や抗菌薬と併用されて使われます。

ちなみにニキビ治療で保険が適用される漢方です。

 

清上防風湯

清上防風湯

 

効果のあるニキビ 赤ニキビ
推奨度 C1(赤ニキビ)
保険の適用 あり

 

清上防風湯は赤ニキビに選択肢の1つとして推奨されている漢方薬です。

白ニキビに対しては効果を評価されてないようで、効果は不明となっています。

 

主に炎症のある赤ニキビ向きの漢方です。

清上防風湯はニキビに保険が適用されます。

 

十味敗毒湯

十味敗毒湯

 

効果のあるニキビ 赤ニキビ
推奨度 C1(赤ニキビ)
保険の適用 なし

 

十味敗毒湯は赤ニキビに対しては選択肢の1つとして推奨(c1)されていて、白ニキビには行ってもよいが推奨しない(c2)という評価になっています。

この薬は単体でも有効とされていますが、外用薬と組み合わせた方が効果的という結果が出ています。

ニキビに効果は認められていますが、保険が適用されないという欠点もあります。

 

ビタミン薬

ビタミン薬

 

ニキビ治療の補助としてビタミン薬が処方されることがあります。

主に使われるビタミンは以下の4つです。

 

働き
ビタミンA 肌の角化を抑制
ビタミンB2 皮脂分泌の抑制
ビタミンB6 皮脂分泌の抑制
ビタミンE 抗酸化作用

 

ただそれぞれ臨床試験が充分に行われていないため、行ってもよいが推奨はしない(c2)という評価になっています。

 

海外で使われている飲み薬

アキュテイン(イソトレチノイン)

アキュテイン

(引用:薬の通販比較

 

有効率 98%
総皮疹の減少率
備考
参考 https://koenji.clinic/acne-treatment/accutane-treatment

 

アキュテインは世界各国の治療ガイドラインで重症ニキビ向きに必ず推奨されている薬です。

副作用はありますが、ニキビの薬の中で最も効果の高い薬といえるでしょう。

 

日本では未承認なので、自由診療の美容皮膚科でしか取り扱っていません。

しかも、アキュテインを扱っている美容皮膚科自体が少なく、保険も効かないため費用も高いです。

 

とはいえ、アメリカや欧州、国際的なガイドラインではこの薬が推奨されていて高い効果があることは間違いありません。

色々な薬を試したけど、ほとんど効果はなかったという人は一度試してみる価値がある薬です。

 

重症ニキビ向け「アキュテイン(イソトレチノイン)」は効果ある!?副作用から注意点まで

 

経口避妊薬(ホルモン治療)

マーベロン

 

有効率 95%
総皮疹の減少率
備考
参考 https://koenji.clinic/menu/acne-treatment/accutane-treatment

 

同じく海外のガイドラインで重症ニキビに推奨されている薬の1つが”経口ホルモン治療(避妊薬)”です。

ニキビの根本的な原因に男性ホルモンが挙げられるため、それを抑制することでニキビを治していきます。

 

日本の治療ガイドラインでは行ってもよいが推奨はしない(c2)治療法です。

その理由は合併症の可能性や未承認の治療法であることが挙げられます。

ただホルモン治療自体は美容皮膚科で行えるので、避妊につながってもいいという女性は受けてみる価値ありです。

 

経口避妊薬(ピル)はニキビに効果あるか考えてみた

 

内服ステロイド

ステロイドは抗炎症作用があることで有名で海外のガイドラインでは推奨されているところもあります。

しかし、日本では行ってもよいが推奨はしない(c2)となっています。

 

というのも、実際に有効性を示している科学的根拠がなく、副作用も強いためです。

中にはステロイドが原因でニキビができることもあるので、塗り薬も推奨はされていません。

 

市販で売られている飲み薬

チョコラBBプラス

チョコラBBプラス

 

チョコラBBプラスはビタミンB群を配合した第3類医薬品です。

ターンオーバーの正常化や皮脂分泌、ストレスの抑制の効果が期待できます。

 

実際に皮膚科でもビタミンB2やビタミンB6のビタミン剤を処方されることもあります。

ニキビ治療の補助としては申し分ないです。

 

チョコラBBがニキビに効くって本当?ニキビに効果があるメカニズム

 

ハイチオールBクリア

ハイチオールBクリア

 

ハイチオールBクリアはL-システインやビタミンB群、ビタミンCを配合した飲み薬です。

毛穴のつまりや皮脂分泌、酸化ストレスを抑制することで、ニキビを改善させます。

 

ただこれもニキビ治療の補助としての役割が強いので、皮膚科に行くことをオススメします。

第3類医薬品で、30錠900円前後ほどです。

 

ペアA錠

ペアA錠

 

ペアA錠は大人ニキビ向けに作られた第3類医薬品です。

グルクロノラクトンやL-システイン、ビタミンB2、B6を配合しています。

60錠で1555円で販売されています。

 

ニキビの薬・施術