ニキビ跡化粧水

 

「ニキビ跡専用の化粧水でオススメありますか?」

 

こういう質問をしてくる方が多くいます。

そもそも化粧品(洗顔料や化粧水)は、肌トラブルを治すものではありません。

 

手洗いやうがいのようなものなので、ニキビやニキビ跡の予防という形になります。

しかし、それを誤解して化粧水で、ニキビ跡が治せると思い込んでいる方が多いです。

今回は、誤解していた方に向けた記事になります。

 

ニキビ跡を化粧水で消すことは不可能!

結論から言うと、”ニキビ跡を化粧水で消すことは不可能”です。

そもそも化粧水は、皮膚の病気を治すことができません。

 

あくまで肌トラブルを美しく保つものです。

ニキビを治すことやニキビ跡を消すことができる化粧水が存在するなら、おそらく医薬品に指定されています。

 

薬ではないという時点で、ニキビ跡を消すことはできません。

ニキビ跡を消すことができる化粧水を探している方は、一度皮膚科で相談してみることを推奨します。

 

ニキビ跡専用の化粧水を使うのはどう?

「ニキビ跡専用の化粧水はどうなの?」という質問もありますが、これも同じです。

ニキビ跡用と書いていても、あくまで”ニキビ跡を予防できる化粧水”ということで消すことはできません。

 

実際に化粧品に頼って治療をしようとした経験があるのですが、”ニキビもニキビ跡も全く治らないという結果”に終わりました。

 

根本的に何かを治すときには、”化粧品だけのケアでは治ることは無い”ということがわかります。

ニキビ跡用と言われているものやニキビ跡が治ったと口コミがされている場合も信用してはいけません。

どちらもニキビ跡を治せる根拠がないものです。

 

リプロスキンはニキビ跡に効くっぽいだけ

リプロスキン

 

リプロスキンは、ニキビ跡に効果があると誤解されるようなページになっています。

この化粧水は配合されている成分が良いだけに、もったいないです。

リプロスキンの口コミを見てもわかる通り、ニキビ跡に効果があると信じきっている人が多くいます。

 

  • リプロスキンを使ったら、ニキビ跡が薄くなった!
  • この化粧水でニキビ跡が消えました!

 

これらは、全て誤解しているだけです。

この化粧水に、そんな効果はありません。

 

本当に薄くなったというなら、それは”リプロスキンの影響ではなく、自然に薄くなっただけ”です。

ニキビ跡が治すと期待して購入しない方が良いと思います。

 

最近、”ニキビ跡用”と言っている化粧品が増えた

ニキビ跡用と書いているものやニキビ跡に効きそうな雰囲気がある化粧品が増えた気がします。

 

 

この3つは、ニキビ跡に効果がありそうな雰囲気があります。

もしかしたら、ニキビ跡に悩んでいる方は誤解してしまうかもしれません。

 

特に多い表現が、「ニキビの後のケアに!」というものです。

ベルブランは、「ニキビ染み」という表現になります。

 

どちらも”ニキビ跡”とは言っていませんが、誤解されてもおかしくないような表現ではあります。

ちなみにベルブランのニキビ染みというのは、

 

ニキビによるなかなか消えない過去の嫌な記憶のことを差し、繰り返し出来るニキビを予防すること

 

とのことです。

 

何度も言いますが、化粧品でニキビ跡を消すことはできません。

中には化粧品として優良なものもあるため、誤解されてもおかしくない表現を使っているのは本当に残念です。

 

ニキビ跡を消すには医薬品か専門的な治療が必要!

トレチノインとハイドロキノン

 

ニキビ跡を消すのに定番的な医薬品は、”ハイドロキノン””トレチノイン”の組み合わせです。

ハイドロキノンは肌の漂白剤とも呼ばれていますし、トレチノインは強力なビタミンA誘導体となっています。

どちらも強力な効果をもっていますが、その分副作用もあるので正しい知識をもって自己責任で治療してください。

 

ハイドロキノン

ハイドロキノン

 

ハイドロキノンは、”一般的な美白成分よりも10~100倍ほどの強力な美白効果”をもっています。

一般的な美白成分はシミや色素沈着の原因が作り出されるのを抑制することしかできません。

 

しかし、ハイドロキノンはシミを作り出す細胞そのものを減らすことができます。

また、漂白作用も認められているため、シミに働きかけます。

普通は医療機関が使う美白成分のひとつです。

 

関連記事:シミに悩む人必見!色素沈着の原因と消す方法まとめ!

 

トレチノイン

トレチノイン

 

トレチノインは、”ビタミンA誘導体のこと”です。

肌のターンオーバー(生まれ変わり)を促進して、シミの原因を排出させます。

 

これでわかる方もいると思いますが、この組み合わせの優れているところは

 

  • ハイドロキノンでシミの予防
  • トレチノインでシミを排出

 

この2つの効果で、効率的にシミやニキビ跡を治すことができる点です。

実際、美白をしている方の多くがハイドロキノンとトレチノインを組み合わせて使っています。

 

美容皮膚科に相談してみる

ニキビ跡にも種類がありますし、その種類によって最適な治療方法は変わります。

なので、”一度皮膚科医の方に相談してみるのがベスト”です。

 

保険適用の一般皮膚科ではなく、適用外の皮膚科になるので、高額な治療費になることもあります。

高いお金ではやりたくないというときは、それを伝えて相談してみてはいかがでしょうか。

 

保険適用外でもできるだけ安くできる方法はありますし、早く治したいという方は専門治療で即効性の高いものがあります。

何はともあれ、ニキビ跡を治すときは自己判断せずに一度専門の方に診てもらうことを推奨します。

ニキビができたら皮膚科へ行くべき3つの理由!体験談と治療薬まとめ

 

ハイドロキノンとトレチノインを使うときは副作用や使い方を正しく理解する

医薬品を使うときは、副作用や使い方を正しく理解しましょう。

実際に使ったわけではありませんが、皮むけがすごいです。

 

使い方を間違えると、シミが増えてしまうこともあるので、正しく理解しましょう。

できたら一度皮膚科に行ってから、処方してもらうのが良いと思います。

 

くれぐれも勢いで、治療するということが無いようにしてください。

強力な分、間違ったときの危険度も高いです。

 

まとめ

ニキビ跡を消すことができる化粧水は存在しません。

ニキビ跡用と書かれている化粧水やそれを匂わせる化粧水を見つけても、消すことができないと覚えておいてください。

 

また、ニキビ跡を消すときは医薬品か専門の治療をするしかありません。

医薬品の場合は”ハイドロキノン”と”トレチノイン”がおすすめですが、自己責任で使ってください。

 

この2つを使うにしても、一度皮膚科で相談してから使うのが無難だと思います。

ニキビ跡に悩んでいる人は化粧水でスキンケアをしていても、いつまで経っても治ることはありません。

 

そんなことをしていたら、時間とお金をムダにします。

くれぐれも注意してニキビ跡治療を行いましょう。