ニキビの芯を出す正しい方法

 

今回はニキビの芯を出す正しい方法を解説していきます。

 

この方法はニキビの根本的な原因を解決していないので、繰り返しニキビができると思います。

しかし、一時的にニキビがない状態にしたいという方には有効です。

ただ正しくやらなければリスクもあるので、方法と注意点を参考にしてください。

 

ニキビの芯とは?正体を解説!

454004

 

一般的に言われているニキビの芯とは、”角栓”のことを言います。

角栓というのは、毛穴に詰まっている皮脂のことです。

 

ニキビは、角栓が毛穴に詰まることで出来てしまいます。

この角栓は、毛穴が多いTゾーン(おでこや鼻)に多くできる傾向があります。

 

黒い汚れができるイチゴ鼻も、この角栓が酸化して黒いプツプツがあるように見えるのです。

つまり、いちご鼻も毛穴に角栓が大量に詰まっている状態ということになります。

 

ニキビの芯は取り出しても良いの?

結論から言うと、”ニキビの種類によっては取り出して良い”です。

実はニキビにも種類があるので、取り出して良いニキビとダメなニキビに別れます。

 

取り出していいニキビとダメなニキビ!

白ニキビ

白ニキビ

 

白ニキビは”潰して良い”ニキビです。

このニキビは、毛穴に角栓が詰まっているだけなので、芯を取り出せば早く治ることもあります。

ただ、白ニキビと黄ニキビを勘違いしている人が多いので、注意が必要です。

 

IMG_0967

 

上のように黄色い膿をもっているニキビは黄ニキビと呼ばれています。

黄色い膿が白色に見えるので、白ニキビと勘違いしている人が多いです。

 

周りが赤く炎症を起こしているので、これは潰してはいけません。

白ニキビは、”詰まっているだけで炎症が無い”と覚えておきましょう。

 

黒ニキビ

 

黒ニキビ

黒ニキビとは、”黒色の毛穴詰まり”のことです。

これは白ニキビの角栓が酸化することで黒くなっています。

 

簡単に言うと、白ニキビの色違いみたいなものです。

このニキビも潰すのはOKです。

 

まだ炎症を起こしていない段階なので、キレイに取れれば早く治ります。

特に黒ニキビは地味に目立つので、緊急で潰したい方は取り出して良いです。

 

黒ニキビの原因と治し方まとめ!黒いポツポツで悩む人必見!

 

赤ニキビ

眉ニキビ

 

 

赤ニキビは絶対に潰してはいけません。

ニキビが炎症を起こしているので、潰すとさらに悪化する恐れがあります。

 

赤く炎症を起こしているニキビは、”潰すのNG”です。

ニキビなら何でもOKというわけではないので、注意してください。

 

黄ニキビ

IMG_0967

 

”黄ニキビも潰してはダメ”です。

これは白ニキビの方でも解説しましたね。

 

この黄色い膿は角栓ではなく、アクネ菌とそれを退治する好中球(白血球の一種)です。

赤ニキビの段階でアクネ菌VS好中球で戦争になっているのですが、その死がいが膿として出ています。

白ニキビの角栓と黄ニキビの死がいは全くの別物なので、膿は潰さないようにしてください。

 

黄ニキビの原因と治し方を一挙公開!化膿ニキビの対処法とは!?

 

ニキビの芯を出す正しい方法を解説!

ニキビの芯を出すには、正しい方法を理解して実践する必要があります。

適当に手で取り出していると、皮膚の大きな負担となることがあるので、一度参考にしてください。

ニキビの芯を出す流れは

 

  • 事前にニキビの種類を確認
  • お風呂または蒸しタオルで肌を柔らかくする
  • コメドプッシャーか綿棒で優しく押し出す

 

 

この3つの流れでやっていきます。

 

1.事前にニキビの種類を確認

白ニキビ

 

まず、潰すニキビが潰しても大丈夫なニキビかを確認します。

先ほど説明しましたが、潰しても良いニキビは炎症が起きていない”白ニキビ”と”黒ニキビ”です。

 

赤ニキビはもちろんダメですが、黄ニキビは間違いやすいので注意してください。

周りが赤くなっていて黄色い膿になっているのは、黄ニキビなので注意が必要です。

 

2.お風呂か蒸しタオルで肌を柔らかくする

蒸しタオル

 

”入浴後にやるか、蒸しタオルで肌を温めた後にやる”のが理想的です。

温めた状態ですと、肌が柔らかいため、取り出しやすくなります。

 

また、肌を清潔な状態にしておいた方が良いですね。

取り出すときに雑菌の心配があります。

 

3.コメドプッシャーか綿棒で優しく押し出す

コメドプッシャー

 

手で潰す人が多い印象ですが、先ほどと同じく雑菌の心配があるのでダメです。

ニキビを潰すときは、”コメドプッシャー””綿棒”を使って押し出します。

 

押し出すときは優しくがポイントです。

無理に押し出してしまうと、周りの皮膚に負担をかけます。

悪化の原因にもなるので、注意したいですね。

 

もし、どうしても取り出したいのに取り出せないのであれば、皮膚科に行ってみてはいかがでしょうか?

面皰圧出という治療法で、押し出しの処置を行う皮膚科もあります。

 

ニキビを潰したらニキビ跡になるの真実!

”ニキビを潰したらニキビ跡になる”というウワサを聞いたことはありませんか?

経験的にニキビを潰したところがニキビ跡になったという人もいると思います。

 

逆に、「ニキビを潰していたら治った」という人もいます。

実は、ニキビを潰したらニキビ跡になるというのは肌質や体質によって変わってきます。

 

つまり、ニキビを潰してもニキビ跡になる人もいればならない人もいるということです。

ただ、これって少し危険な部分もあります。

 

「友達が潰したら治るって言っていたから潰そ♪」

 

これは、NGです。

友達がニキビ跡にならない肌質だったというだけで、あなたがそうとは限らないからです。

ニキビを潰すときは、ニキビの種類によって決めてください。

(詳しくは上で紹介した”取り出して良いニキビとダメなニキビ”を参考に)

 

まとめ

ニキビの芯は、正しい取り出し方をすればやってもいいです。

ただし、取り出すときはニキビの種類や取り出し方に注意して行いましょう。

 

ニキビが炎症を起こしているときは潰すのはNGです。

また、黄色い膿をもっているニキビは潰してはいけません。

白ニキビと間違いやすいので、注意してください。

 

ニキビの芯を取り出すのは、緊急時には良いですが、根本的なニキビ治療ではありません。

ニキビを治したいときは、「【完全保存版】3ヶ月で治すニキビの治し方まとめ!」を参考にしてください。