ミノマイシン

 

 

今回はミノマイシンの効果から副作用、飲み方について解説していきます。

”ミノマイシンは日本のニキビ治療ガイドラインだけではなく、海外のガイドラインでも推奨されている薬”です。

 

最も推奨されているビブラマイシンと同じ系列の薬で、ニキビに高い効果をもちます。

しかしビブラマイシンと比較すると、副作用が強いため注意しなければなりません。

 

では、ミノマイシンについて解説していきます!

 

ミノマイシンとは?

ミノマイシンとは、”ミノサイクリン塩酸塩”という成分を元にした飲む抗菌薬です。

ニキビ治療ガイドラインでも推奨されている飲み薬で、処方される人も多いでしょう。

 

「ビブラマイシン」と同じくテトラサイクリン系の抗生物質で、推奨度は「A*」となっています。

「A」ではない理由はビブラマイシンと比較すると、副作用が多いためです。

 

ミノマイシンの効果

ミノマイシンの効果は以下の4つが挙げられます。

 


 

  • 抗菌作用
  • リパーゼ活性抑制作用(炎症の抑制)
  • 白血球遊走抑制作用(抗炎症作用)
  • 活性酸素抑制作用(炎症の抑制)

 


 

これらを大きく分けると、”抗菌作用””抗炎症作用”の2つがあることがわかります。

これを踏まえて、ニキビとニキビ跡に効果があるのかを見ていきます。

 

ニキビ

「赤ニキビ」と「黄ニキビ」には効果があります。

抗生物質全般に言えることですが、”炎症をもったニキビにのみ使えます。”

炎症をもたない「白ニキビ」や「黒ニキビ」には効果がないので注意してください。

 

赤ニキビの4つの原因と4つの治し方!炎症ニキビの方必見!

黄ニキビの原因と治し方を一挙公開!化膿ニキビの対処法とは!?

 

ニキビ跡

ニキビ跡には効果がありません。

ニキビ跡にも色々な種類がありますが、どのニキビ跡も消えることはないです。

抗生物質はニキビに有効ですが、ニキビ跡に効果があるということはないので注意しましょう。

 

ニキビ跡の治し方講座!トレチノインでニキビ跡を消す!

 

ミノマイシンの飲み方

ミノマイシンは”1日1錠か2錠を朝晩で飲みます。”

症状や状況によって、処方が変わってくるので皮膚科医の先生の指示に従いましょう。

 

また胃や食道が荒れることも考えられるので、水と一緒に飲むようにしてください。

飲む抗生物質に共通していることですが、乳製品と一緒に飲むのはNGです。

吸収率が低くなります。

 

ミノマイシンの副作用

ミノマイシンの主な副作用は以下のとおりです。

 


 

  • めまい
  • 色素沈着
  • 腹痛
  • 吐き気
  • じんましん
  • 自己免疫疾患
  • 薬剤性過敏症症候群

 


 

ミノマイシンは同じ系列のビブラマイシンと比較すると、やや副作用が多い傾向があります。

それが理由で、推奨度が「A*」になっているわけですが。

 

特に注意したいのが下2つの「自己免疫疾患」と「薬剤過敏症症候群」です。

ミノマイシンを飲んでから明らかに体調不良になったら、一度医師の方に相談してください。

 

まとめ

ミノマイシンはニキビ治療ガイドラインで「A*」と高く評価されている飲む抗菌薬です。

処方される方も多いと思いますが、副作用には注意して使ってください。

 

特に副作用の中には重めのものもありますので、異変を感じたらすぐに相談するべきです。

副作用があると言っても、海外の治療ガイドラインでも推奨されている薬になります。

 

では、ミノマイシンについて知りたい方は参考にしてください。