心構え

 

今回は、ニキビを治す上で絶対に意識しておきたい心構えの話をします。

 

  • 「ニキビ治らないから化粧品変えた方がいいですか?」
  • 「睡眠とか食事とか意識してるのにニキビ治らない・・・」
  • 「皮膚科に行ったのに治らないし、お金の無駄だった!!」

 

半年以上継続していて治らないという方は別として、”数週間や1か月程度で治らないと判断するのは少し早い”です。

不安や焦る気持ちはわかりますが、この考え方だとニキビをいつまでも治せない可能性があります。

ニキビを治していく上では、絶対に必要な心構えが欠けている人が多くいるので、それを解説していきます。

 

ニキビが治らない人にありがちな思考パターン5選!

ニキビ

 

ニキビが治らない人にあるあるな考え方が5つあります。

こういう考え方をしていると、ニキビが治りにくいよという例なので、参考にしてください。

 

ニキビを治すのに焦ってしまい短期間で治そうとする

この考え方の人がすごく多いです。

 

  • この洗顔料買ったからすぐ治るでしょ!
  • 皮膚科行ったし、ニキビがすぐ治るよ!!

 

がそれに当たります。

ニキビケアしようと行動するのは素晴らしいですが、

 

  • 期待しすぎ!
  • 焦りすぎ!
  • 不安がりすぎ!

 

です。

こうは言ってますが、気持ちはめちゃくちゃわかります。

 

自分で考えてニキビを治そうと行動したものに、期待するのはしょうがないです。

ただ、ニキビを治そうとしてすぐに結果が出ないのは事実なので、”時間をかけて”治していくことが大切になってきます。

 

人によっては「1日で治したい!」とか「一瞬で治せる方法はありますか?」などと言ってくる方もいますが、無理です。

ニキビを本当の意味で治そうと思ったら、時間をかけて治すしかありません。

 

ニキビを触る・潰す

コメドプッシャー

 

ニキビを触るのも王道の治らないパターンの人です。

目立つ所にできたニキビは、何かと気になりますよね。

 

ただ、気になるから触るというのを繰り返していてはニキビが悪化してしまったり、ニキビ跡が出来たりしてしまいます。

ニキビ跡が出来る原因は、潰したから出来るというわけではありませんが、肌質によってはニキビを潰したらすぐにクレーターが出来るという人もいます。

 

この辺は、肌質や体質が大きく関わってくる部分なので、一概には言えません。

逆に言えば、「友達が潰してもニキビ跡にならなかったから!」というのは潰しても良い理由にはなりません。

その子に出来なくても、あなたには出来るかもしれないからです。

 

また、髪の毛が肌に触れても刺激になります。

家では前髪をピンでとめるか、男性の場合は短髪にするのもありだと思います。

何であれ、ニキビには触れないようにしましょう。

 

1日に5回も10回も洗顔する

洗顔

 

この1日に何回も洗顔する人は、かなり多いようですね。

ニキビの原因が、皮脂が毛穴に詰まることだと聞いて何回も洗顔してしまうのでしょう。

 

1日に何回も洗顔するのは、毎日続けていたら、おそらく肌は弱っていきますし、乾燥肌になる可能性も十分にあります。

 

 にきびは不潔にしているからできるわけではありません。

毎日、余分な皮脂や汚れを落とすために洗顔は必要ですが、強くこすったり、1日に5回も10回も洗顔したりする必要はありません。

このような洗顔法では炎症がおきて、にきびは悪化します。

(引用元:日本皮膚科学会 皮膚科Q&A https://www.dermatol.or.jp/qa/qa3/q16.html

 

日本皮膚科学会のQ&Aにも、このような記述がありました。

これをやってしまうと、肌に悪いので、1日2回の洗顔に抑えましょう。

 

正しい洗顔のやり方についてはこちらを参考にしていただけたら幸いです。

洗顔とクレンジングの正しいスキンケア方法を紹介!

 

皮脂がニキビの原因だから、保湿は必要ない!

これは、スキンケアについて調べる前の僕がこんな感じでした。

男が洗顔の後に化粧水とか保湿クリームを塗るなんてありえないと思っていました。

 

それに、実際にやり始めてもめんどくさいですよね。

保湿するものって色々あるので、それをひとつひとつ使っていくのは慣れていないと、めんどくさいです。

 

ただ、先ほども言った通り、ニキビの原因には”乾燥”もひとつの要素にあります。

スキンケアにおいて保湿はかなり重要です。

 

特に乾燥しやすい時期には、絶対に行いましょう。

男性の方に多い気がしますが、保湿を意識することを忘れないでください!

乾燥肌なのにニキビ!?乾燥肌ニキビの治し方と化粧品3選!

 

生活習慣なんてニキビに関係ないでしょ!

生活習慣とニキビは間接的に関係してきます。

よくニキビの噂になると、

 

  • チョコレートを食べるとニキビが出来る!?
  • 睡眠不足だと、ニキビが出来やすくなる!?

 

などと言われていますが、実際はこの関係は証明されていません。

チョコレートに関しては、血糖とニキビの関係には否定的な報告がされています。

 

また、睡眠不足は直接的にニキビができるわけではなく、睡眠不足によってストレスがかかり、それでニキビが出来ると言われています。

生活習慣をよくすればニキビが治るわけではないと言えます。

 

しかし、生活習慣が悪ければ、ニキビが出来る要素になってしまうかもしれません。

あくまでニキビ予防の一環としてやっていく必要があると考えています。

ニキビの原因になっているかもしれない生活習慣まとめ!

 

ニキビが治らない人のありがちな思考パターンまとめ

  • ニキビを治すのに焦ってしまい短期間で治そうとする
  • ニキビを触る・潰す
  • 1日に5回も10回も洗顔する
  • 皮脂がニキビの原因だから、保湿は必要ない
  • 生活習慣なんてニキビに関係ないでしょ

 

この5つは、全て間違った考え方です。

もし、当てはまっていたとわかったら、今日からその考え方を変えましょう。

 

ニキビを治すのに意識しておきたい心構え

スキンケア

 

ここまでニキビが治らない人の思考パターンを紹介していきました。

ニキビが治らない人の思考パターンにはなっていませんでしたか?

 

ここからは、ニキビを治すのに意識しておきたい心構えを紹介していきます。

この心構えでは、ニキビを治す時に知っていきたいものを解説します。

ニキビケアしていこうと思う人はぜひ参考にしてみてください。

 

基本的にニキビを治すのには時間がかかる

時間

 

ニキビが治らない人の思考パターンに、1日や1週間程度でニキビを治そうとする人がいるという説明をしました。

何度も言いますが、ニキビはそんな短時間に治るものではありません。

 

少なく見ても1か月、顔にある全てのニキビを治そうとするなら数か月以上はかかると思ってください。

肌が健康でいられるのは、ターンオーバーという肌の入れ替わりが28日間周期で起こっているからです。

 

ニキビも繁殖しすぎたアクネ菌をやっつけようと、免疫が働いてくれています。

だから、ニキビは勝手に治っていくのです。

 

ニキビは、放っておけば勝手に治っていくものではあります。

ただ、ニキビが出来やすい状態にしていると、また新しいニキビが出来てしまうので永遠にニキビがある状態になってしまいます。

この無限ループから抜け出すためには、”ニキビを予防する”というのが重要になってきます。

 

洗顔や保湿、生活習慣の面でもそうですが、僕たちがやっていかなければいけないのは『予防』です。

予防していきながら、肌自身の力をつけて、ニキビが出来ないような肌を目指すのが一番いいと考えています。

ニキビを治していく人の思考パターンは、決してニキビが治らないことに焦らず、適切なケアを淡々とこなしていく人なのです。

 

3か月後の自分のために今ケアする

ニキビを治すのには時間がかかるということを聞いて、今すぐ治せる方法を探しに行く人がいます。

ですが、この際そういうのは卒業してください。

 

治すのに時間がかかるということを受け入れて、数か月後の自分のために今ケアしていきましょう。

正直、洗顔や保湿をしたから次の日ニキビが治っているなんてことはありえません。

 

あったとしたら、タイミングがたまたま合っただけで、洗顔や保湿のおかげではないでしょう。

しかし、この洗顔や保湿は1か月後には生きてきます。

 

すぐに結果が出なくても、

 

  • 新しいニキビを増やさないため
  • ニキビを悪化させないため

 

にケア出来る人はしっかりと結果を出していけます。

今すぐにニキビを治そうとは思わないで、長い目で見てケアしていくことが大切です。

 

スキンケアを毎日の習慣にする

洗顔や保湿を1日2回やりつつ、生活習慣やストレスにまで気を配ることができますか?

 

今までずっとやってきた人は良いのですが、やってこなかった人は突然やることが増えて、洗顔や保湿をサボってしまう日があったりすると思います。

人によっては、3日坊主で終わってしまうということもあるかもしれません。

 

ただ、ニキビを治していくにはこの『習慣にする』というのがとても重要です。

スキンケアを正しく継続していける人は、肌トラブルが他の人に比べて起きにくいと思います。

 

ニキビで本気で悩む気持ちはすごいわかります。

周りの人の目線が気になって、「目を合わせられない」「自分に自信が持てない」などなど本当に辛いですよね。

ただ、そうやって悩み続けてもニキビは絶対に治りません。

 

悩みながらでも、毎日継続してケアしていってください。

少しでも良くなることを祈っています!

 

まとめ

ニキビが治らない人は、治すことに焦ってしまい、すぐに結果を出そうとします。

結果、ニキビを触ったり潰したりが続き、ニキビ跡や敏感肌になってしまいます。

これでは、ニキビは治っていきませんし、逆にもっと治りにくくなっていくでしょう。

 

ニキビを治していくためには、”時間がかかることを理解して数か月後の自分のためにケアしていくことが大切”です。

洗顔や保湿をやるやらないは、にきびに影響していきます。

当サイトへ来ていただいている方は、ニキビが治らない人の思考パターンにならないようお願いします。