ニキビに化粧水はいらない

 

 

最近、洗顔や保湿をしていて「ニキビに化粧水はいらない」と思うことが多々あるようになってきました。

 

今回は、ニキビに化粧水がいらないと思う理由をお話していきます。

化粧水で保湿を終わらせている方や化粧水を使っている方は参考にしてみてください。

 

化粧水は肌に悪影響を与えている

僕は、”化粧水は肌に悪影響を与えている”と考えています。

これは、安いものでも高いものでも同じです。

 

そもそも化粧水が保湿になっていると思っていません。

むしろ、肌を乾燥させるニキビの間接的な原因になっていると考えています。

 

化粧水はほとんど水でできていますが、それを肌につけて保湿になるのでしょうか?

水ということは数時間後にはほとんど蒸発してなくなります。

 

しかも、化粧水を肌につけた時点で、肌の水分と混ざりあった状態になりますから、肌の水分と一緒に蒸発していきます。

ニキビの原因には”乾燥”が大きく関わっているので、化粧水をつけることがニキビの原因になっているというわけです。

 

乾燥がニキビの原因に!?大人ニキビや乾燥肌にニキビができる理由

 

化粧水をつける理由ってなんだっけ?

ニキビに悩む人に限らず、化粧水をつける人は多くいます。

つけている人の多くは保湿を目的に化粧水をつけています。

 

しかし、結局すぐに蒸発していくため、肌を乾燥させる原因になります。

そんな化粧水をつけても、本当に保湿ができているのかが疑問です。

「化粧水に保湿成分が配合されているから」という意見が聞こえてきそうですが、それなら保湿クリームをつけた方が保湿になります。

 

化粧水は肌にうるおいを与えるという意見もありますが、ほとんど与えられていません。

後で説明しますが、”化粧水は肌の表面にしか浸透されていない”です。

 

化粧水や美容液、乳液、保湿クリームなど、ケア商品は多くありますが、”要するに保湿ができれば良い”わけです。

今ではごく自然に「化粧水をつけてー美容液をつけてー」という流れに基本になっていますが、そもそもいらないと感じています。

 

参考記事:ニキビのスキンケア方法まとめ!洗顔と保湿のやり方まで

 

化粧水はそもそも浸透もしない

化粧水を浸透させようとパックをしたり、コットンでパッティングをしたりするのは意味がありません。

結論から言って、”化粧水は肌に浸透しないものだから”です。

 

僕たちがつけている化粧水や美容液が肌のどの辺りまで浸透しているかを考えたことがありますか?

実は、肌が浸透しているのは肌の一番表面にある角質層という層までになります。

どれだけ浸透力の高い化粧品でも小さく「※浸透するのは角質層まで」と書かれています。

 

では、角質層がどのくらいの厚さかというと、0.02mmしかありません。

今つけている化粧水や美容液は肌表面の0.02mmしか浸透していないのです。

 

これはお風呂をイメージすれば、簡単かもしれません。

お風呂から上がっても、水分が体の中に入った感じはせず、水滴が体についていますよね。

あれは、肌が水分をはじいているからです。

 

これは化粧水も同様で、ほとんど浸透しません。

今でもパックやパッティングをしている方は今すぐに辞めて、美容液や保湿クリームのみを使った保湿に切り替えてください。

 

保湿で化粧水しか使っていない方は危険

たまに保湿には、化粧水しか使っていないという方がいます。

こういう方は要注意です。

 

化粧水は保湿をしていても、すぐに蒸発していきます。

つまり、化粧水しか使っていない人は保湿していないのと一緒です。

 

保湿をするときは美容液か保湿クリームを使って保湿をしてください。

その”化粧水しか使わないケアが乾燥肌の原因になっているかも”しれません。

 

まとめ:ニキビに化粧水はいらない

ニキビの原因は”乾燥”にあると多くのサイトで言われています。

これは事実ですが、保湿ケアに乾燥の原因があるというのは衝撃的で受け入れにくいものかもしれません。

 

しかし、今日から化粧水を使うのは辞めてください。

どれだけお高い化粧水でも、肌を乾燥させる原因にしかなりません。

 

”皮膚科学的にも化粧水は無くてもいいもの”です。

どれだけその化粧水に良い成分が配合されていても、美容液でつければOKです。

ほぼ水分で出来た化粧水は乾燥を招く原因になるので、当サイトでは使うこと自体推奨しません。