ニキビを隠す

 

突然ですが、あなたはどんなニキビの隠し方をしていますか?

 

一般的に多いのがマスクや髪の毛で隠すという人です。

しかしどちらのやり方も間違った隠し方で、最悪の場合ニキビを増やしてしまう原因になります。

 

今回は間違ったニキビの隠し方から正しいニキビの隠し方までを紹介します!

 

よくやりがち!?間違ったニキビの隠し方5選!

間違ったニキビの隠し方

 

ニキビを隠す人は多いですが、そのほとんどが間違った隠し方です。

間違った隠し方をしていると、ニキビを悪化させたりニキビ跡になったりするので注意しなければいけません。

 


 

  • マスク
  • 髪の毛
  • 絆創膏(ばんそうこう)
  • ファンデーション・コンシーラーの厚塗り
  • ニキビテープ

 


 

上記の5つはよくやりがちな間違った隠し方です。

それぞれ見ていきます。

 

マスク

マスク

 

頬からアゴにかけてのニキビを隠すときにマスクを使う人は多いです。

しかし”ニキビを隠すのにマスクを使うのは間違った隠し方”です。

 

というのも肌に触れ続けるマスクはニキビの原因である”角化異常”となりやすくなります。

 

触ることの刺激

 

角化異常とは、外から刺激を受けて皮膚が厚くなってしまう症状を言います。

皮膚が厚くなってしまうと、毛穴づまりを起こしやすくなります。

 

そのためマスクはニキビの原因になってしまうのです。

ちなみにこの流れは他の隠し方も同様です。

 

髪の毛

前髪

 

おでこニキビを隠すときに髪の毛を下ろすのは有効ですよね。

ただ”髪の毛でニキビを隠すのもニキビを悪化させる間違った隠し方”になります。

 

理由はマスクと同じで、”角化異常の原因になってしまうから”です。

髪の毛はできる限りあげることをオススメします。

 

ただ後ほども解説しますが、ニキビがある状態で無理に髪の毛を上げる必要はないです。

髪の毛がニキビの原因になるのは間違いありませんが、ニキビがある状態を見られるのは精神的にツライですよね。

なので、家の中では髪の毛を上げるなどできる範囲で実践してください。

 

絆創膏

絆創膏

 

絆創膏でニキビを隠してしまうという人もいますが、間違った隠し方です。

理由は上の2つと同じで、ニキビの原因になるからです。

 

しかも絆創膏の場合はニキビを潰してしまう要因にもなります。

オロナインと絆創膏の組み合わせも効果的に見えますが、ニキビの原因や潰れてしまうなどの理由でNGです。

 

ファンデーション・コンシーラーの厚塗り

ファンデーション

 

メイクをする人はファンデーションやコンシーラーを使って、ニキビを隠すでしょう。

しかしニキビに厚塗りして隠してしまうのはニキビの原因になります。

 

昔は化粧はニキビに良くないとされていましたが、今はニキビにメイクはありとなっています。

ただここも注意が必要で、正しいやり方でニキビを隠さなければ逆にニキビを悪化させてしまいます。

 

正しいファンデーションやコンシーラーの使い方はうまく隠す方法で解説していきます。

 

ニキビテープ

ニキビテープ

 

ニキビケアのひとつに”ニキビパッチ(ニキビシール)”というものがあります。

ニキビパッチはニキビができている部分に貼ることで、殺菌や抗炎症作用でニキビをケアしていくというものです。

 

有名どころでは小林製薬のびふナイトパッチなどがあります。

ニキビを隠すのにちょうどいいシールになっていますが、これでニキビを隠すのはオススメしません。

 

理由は絆創膏と同じで、”ニキビの刺激になる恐れがあるから”です。

またニキビパッチはそれほどオススメできません。

 

というのもニキビパッチから期待できる効果よりも皮膚科で貰える薬の効果の方が期待できるからです。

ニキビケアするなら、普通に皮膚科へ行って治療を行いましょう。

 

悪化させない!ニキビをうまく隠す方法!

ニキビの隠し方

 

正しいニキビの隠し方は以下の3つです。

 


 

  • ファンデーションを使う
  • リップメイクやアイメイクをする
  • メガネやネックレスを使う

 


 

それぞれ解説していきますが、方針としては”ニキビを相対的に目立たなくする”ことです。

間違った隠し方は直接見えないようにする方法でしたが、そうではなく視線の誘導や補色を利用した方法になります。

 

1.化粧下地・ファンデーションを使う

トゥヴェールミネラルパウダリーファンデーション

ニキビを隠すときに化粧下地やファンデーションはOKです。

ただ注意点として”ニキビをこすらないようにすることと、薄く均一に伸ばす”ことが必要になります。

 

特に赤ニキビが多い人は黄色のコントロールカラーを使うようにしてください。

すると、肌色と調和して赤みが目立ちにくくなります。

 

またファンデーションを使うときは以下の3つに注意してください。

 


 

  • パウダーファンデーションを使う
  • ノンコメドジェニックテスト済みの物を使う
  • ウォータプルーフのものは使わない

 


 

赤みがどうしても気になる場合はコンシーラーをポイント状につけてください。

そのとき厚塗りにならないように注意しましょう。

 

ニキビにファンデーションはあり?ニキビを悪化させないメイク方法と選び方

 

オススメのパウダーファンデーションってある?

1.エトヴォスミネラルファンデーション

エトヴォスミネラルファンデーション

 

初めにオススメしたいのがエトヴォスミネラルファンデーションです。

このミネラルファンデーションの最大のメリットは”一部の美容皮膚科でも採用されている”のと”紫外線対策にもなる”点です。

 

特に”紫外線対策はSPF30PA++”で、日常的な紫外線対策になります。

ファンデーションのクオリティも高いですが、これを初めにオススメした理由は”トライアルセットの豪華さ”です。

 

このファンデのトライアルセットを見ると、

 


 

  • マットスムースミネラルファンデーション
  • 下地パウダー
  • フェイスカブキブラシ(メイクブラシ)
  • クリアソープバー(洗顔料)
  • モイスチャーライジングローション(化粧水)
  • モイスチャライジングセラム(美容液)
  • アルガンオイル(美容オイル)

 


 

この7つが手に入ります。

価格は1944円なので、かなりお買い得に試せます。

”ニキビをファンデで隠したい方は初めにオススメ”します。

 

2.レイチェルワイン

レイチェルワイン

 

レイチェルワインは”日本人の肌色に合わせたファンデーション”です。

カラーバリエーションは国産のミネラルファンデーションの中で、No.1の12色となっています。

 

ニキビの原因となる油分やアルコールは無添加で、洗顔料で簡単にとることができます。

これらはすべて肌に配慮した形で、敏感肌の方でも使えるようにしています。

 

レイチェルワインはトライアルセットに30日の返金保証がついています。

試す段階で損をすることがないので、一度試してみる価値ありです。

 

3.トゥヴェールミネラルパウダリーファンデーション

トゥヴェールミネラルパウダリーファンデーション

 

トゥヴェールのミネラルファンデは保湿成分を豊富に含んだファンデです。

”配合されている美容成分は17種類”で、肌を乾燥しづらくします。

 

毛穴やシミも光の反射によって、かなり目立ちにくくなります。

SPF30でPA++という紫外線対策にもなりますし、ファンデとして試す価値があります。

ややカラーバリエーションが少なく感じますが、合う人は試してみてはいかがでしょうか?

 

2.リップメイクやアイメイク

口紅

 

”ニキビができにくい唇やまぶたはリップやアイメイクをすることを推奨”しています。

これはニキビができていても、好きに楽しむことができるためです。

 

またニキビから視線を誘導することができる効果もあります。

色は自分の好きな色を使っていいです。

 

3.メガネやネックレスを使う

メガネ

 

リップメイクやアイメイクと同様に”視線誘導としてメガネやネックレスは有効”です。

ただメガネで直接ニキビを隠そうとするのはニキビの原因になりかねないのでやめてください。

ニキビの視線誘導に使えそうな小物は以下のとおりです。

 


 

  • メガネ
  • ネックレス
  • イヤリング
  • ヘッドホン
  • 帽子
  • セットした髪

 

これらの装飾品はニキビが目立たないようにできます。

ただ先ほども言ったように前髪を無理に上げる必要はないです。

最低でも家にいるときで良いので、髪の毛が皮膚に触れないようにしてください。

 

まとめ

ニキビを隠すときは”直接隠せるマスクや髪の毛はNG”です。

隠すときは相対的に目立たなくするように心がけましょう。

 

ファンデーションやコンシーラーも厚塗りせず、赤みを目立たなくするようにしてください。

基本的にニキビの原因になるようなやり方ではない隠し方をします。

では、ニキビを隠したいと思っている人の参考になれば幸いです。