界面活性剤フリー

 

合成界面活性剤は刺激のある成分などと言う説明を見ることが多いですが、界面活性剤は悪い成分ではありません。

ちなみに合成界面活性剤が悪い成分なら、純石鹸もNGです。

 

今回はそんな合成界面活性剤を始めとした界面活性剤について解説していきます。

正しい界面活性剤の知識を身につけてください。

 

界面活性剤って何?

界面活性剤とは、水と油のような性質が合わない成分を混ざりあった状態にするものです。

化粧品には水溶性の成分と油溶性の成分が配合されていますが、それだけを配合していたら分離して上下と色が違う化粧品になります。

 

そこで、この2つを仲良くさせるのが界面活性剤です。

イメージとしては水と油の2つに合うパズルのピースのようなものです。

 

パズル

 

界面活性剤が危険という人も多いですが、マヨネーズや牛乳、バターにも界面活性剤は含まれています。

合成界面活性剤は危険だと考えている人に言いたいのは周りにあるものは界面活性剤だらけということです。

ここで界面活性剤が悪だという認識を改めていただきたいです。

 

合成界面活性剤は悪い成分?

「合成界面活性剤は悪い成分で天然の界面活性剤なら安全に使える」

 

これは間違っています。

昔から使われている界面活性剤の代表として石けんを例に挙げますが、あれは合成界面活性剤です。

石けんができる仕組みは

 

  • 高級脂肪酸+強アルカリ成分
  • 油脂+強アルカリ成分

 

のどちらかで出来ます。

これは2つの成分は”合成”して作られるものです。

 

もし、合成界面活性剤がNGだとしたら、洗顔石鹸は使えません。

また、食器に使う洗剤やシャンプーもダメになります。

 

さらに言うなら、天然の界面活性剤の中にも刺激のある成分はあります。

サポニン類という界面活性剤で、植物に含まれています。

 

植物に含まれてはいますが、細胞膜を破壊する作用や赤血球を破壊する作用をもちます。

つまり、天然の界面活性剤だから安全というものでも無いのです。

ちなみにこの界面活性剤が化粧品に配合されることはほとんど無いので、安心してください。

 

界面活性剤の本来の働き4つ

界面活性剤には4つの働きがあります。

 

  • 洗浄
  • 乳化
  • 分散
  • 湿潤

後で解説する界面活性剤の種類によって、それぞれできる働きが変わります。

それをふまえた上で、界面活性剤にある主な働きの解説です。

 

1.洗浄

洗浄とは、その名の通り洗うことです。

先ほど、界面活性剤には水と油を混ぜ合わせる力があると言いました。

 

それはここでも活用されていて、汚れ+界面活性剤+水という形で汚れを落とします。

食器を洗っているとわかりますが、洗剤を使った後で水を流せば汚れが流れていきますよね。

 

あれは、界面活性剤の水と油(汚れ)の両方にくっつく性質を利用しています。

初めに洗剤をつけることで界面活性剤が汚れとくっついて、次に水を流すと水とくっついて流れていくということです。

 

ただ、洗剤の多くは油汚れを落とす力が強いので手荒れしやすい、つまり比較的肌の刺激になりやすい界面活性剤となっています。

一応は手荒れ防止について考えられてはいるようですが、油汚れのために強力なものが配合されているのが現状です。

 

2.乳化

乳化とは、水と油を長く混ざりあった状態にすることを言います。

ちなみにこの乳化した状態を乳化物ともいいます。

 

この乳化の性質を使うときはこれが得意な非イオン界面活性剤を使います。

非イオン界面活性剤については後で解説します。

 

3.分散

分散とは、液体と固体のような別の形態のものを混ざり合わせる性質のことです。

わかりやすい例を挙げると、ココアの粉からココアを作るときに混ぜることができますよね。

(初めは中々混ざらないかもしれないですが)

 

ココアはこういうものだと思っているかもしれませんが、ココアの粉という固体が液体に均一に分散しています。

普通は固体と液体で別々に分かれるところですが、界面活性剤のおかげでよく混ざり合って飲むことができます。

 

4.湿潤

皮膚を始めとした水をはじくものを濡れやすくするのが湿潤という働きです。

お風呂上がりの自分の体を見ると、水が浸透せずに水滴がついていますよね。

あれは皮膚が水を弾いているからです。

 

しかし、化粧水を顔につけたときはどうでしょうか?

水滴はつかずに肌に馴染んでいきます。

 

あれが界面活性剤の湿潤という働きです。

皮膚が弾いてしまうときでも馴染みを良くすることができます。

 

界面活性剤の種類について

1.陰イオン界面活性剤

洗顔石鹸やシャンプーによく使われる界面活性剤です。

洗浄力が高くて泡立ちが良くなります。

 

洗浄・分散・乳化に使われますが、中でも洗浄に多く使われます。

別名でアニオン界面活性剤とも言われています。

 

成分

  • 石鹸素地
  • ラウレス硫酸Na
  • ココイルメチルタウリンNa

など。

 

表示名称の見分け方(メモ用)

  • 「石けん」を含む
  • 「〇〇酸Na(K,TEA)」で終わる
  • 「〇〇タウリンNa(K,Mg)」で終わる

 

「〇〇酸」が油性でない場合は例外

硫酸Na、乳酸Na、炭酸Na、クエン酸Naなど。

 

2.陽イオン界面活性剤

帯電防止や殺菌力に優れた界面活性剤です。

ちなみに帯電防止は陽イオン界面活性剤にのみある特徴になります。

2つの性質を利用して、リンスやコンディショナー、殺菌を利用したデオドラント製品に使われています。

 

ちなみに髪の毛や細菌は-のタンパク質が元です。

そのため、陽イオンの界面活性剤が近づくと、プラスとマイナスの性質で引き合い、髪の毛や細菌が界面活性剤に被さります。

 

被った髪の毛は性質が変わり、肌触りの良い髪の毛になり、細菌は体の表面が破壊されて殺菌されます。

別名でカチオン界面活性剤ということもあります。

 

成分

  • ステアルトリモニウムクロリド
  • ベンザルコニウムクロリド

 

表示名称の見分け方(メモ)

「〇〇クロリド」で終わる

「〇〇ブロミド」で終わる

 

3.両性イオン界面活性剤

陽イオン・陰イオンどちらにもなれる界面活性剤です。

どちらにもなれることから強力な性質はもちませんが、皮膚への刺激や毒性が低いのが特徴です。

 

陽イオンのときはソフトな殺菌力をもち、陰イオンのときはソフトな洗浄力をもちます。

シャンプーの泡立ちを補助したり、乳液の乳化状態を安定化させたりすることができます。

 

成分

  • コカミドプロピルベタイン
  • ラウラミドプロピルベタイン
  • ココアンホ酢酸Na
  • 水添レシチン

 

表示名称の見分け方

「〇〇ベタイン」で終わる

「〇〇アンホ」を含む

「〇〇オキシド」で終わる

 

4.非イオン界面活性剤

どんなイオン性の成分とも自由に混ざりあうことができる界面活性剤です。

この性質から乳化が目的とのときによく使われます。

乳化剤や可溶化剤、増粘剤、軽い洗浄力を活かして食洗機用の洗剤にも使われます。

 

成分

  • オレイン酸ポリグリセリル-10
  • イソステアリン酸PEG-20グリセリル
  • ステアリン酸ソルビタン
  • ポリソルベート60
  • PEG-60水添ヒマシ油

などなど。

 

主な表示名称の見分け方(メモ)

「〇〇ポリグリセリル-(数)」で終わる

「PEG-(数)」を含む「〇〇グリセリル」

「〇〇ソルビタン」で終わる

「ポリソルベート」で始まる

「ソルベス」を含む

「ラウレス-(数)」とつく

「セテスー(数)」とつく

「オレス-(数)」とつく

「ステアレ-(数)」とつく

「ベレネス-(数)」とつく

「トリデネス-(数)」とつく

「ミレス-(数)」とつく

「イソステアレス-(数)」とつく

「コレス-(数)」とつく

「〇〇DEA(MEA)」で終わる

 

合成界面活性剤は悪ではない!

界面活性剤にも種類があり、刺激が強いのはその中の一部ということです。

また、合成界面活性剤が悪という表現は間違っていて、そんな単純なものではありません。

 

界面活性剤の中には比較的安全なものもあれば、刺激があるものもあります。

それを天然か合成かで判断することはできません。

 

ちなみに化粧品に配合されているものは、ひとつひとつ安全性を確認しながら選ばれます。

なので、一概に界面活性剤が悪だとは思わないでください。