いちご鼻治し方

 

 

突然ですが、「鼻の毛穴汚れが気になる・・・」と悩んでいませんか?

 

鼻の黒いポツポツは、”いちご鼻”と呼ばれています。

いちご鼻は目立ちますし治りにくいので、一度できると長く悩みのタネになります。

 

毛穴の黒ずみやいちご鼻のケアや解消法は色々な方法が口コミされていますが、中には肌を傷つける方法もあります。

そうした間違ったケアはいちご鼻が治らないどころか、悪化させる恐れもあるので注意しなければいけません。

 

では、いちご鼻ができるメカニズムから治し方、ケア方法までまとめていきます!

 

いちご鼻の正体とは?

いちご鼻

 

いちご鼻とは、専門的には”開放面皰(かいほうめんぽう)”と言います。

このサイトをよく読む方はおわかりかもしれませんが、いわゆる”黒ニキビ”のことです。

 

いちご鼻のことを単なる毛穴の詰まりとしてみる人がほとんどですが、正確にはニキビのことです。

黒ニキビの状態で放置していれば、赤く炎症を起こすこともあります。

 

ちゃんとした治療をするのが理想ではありますが、中々理解されないのが現状です。

しかもいちご鼻は治療が難しく、”洗顔や保湿で治すのはほぼ不可能”でしょう。

 

黒ニキビについては、「黒ニキビの原因と治し方まとめ!黒いポツポツで悩み方必見!」を参考にしてください。

 

いちご鼻ができるメカニズム

いちご鼻の正体は黒ニキビと説明しました。

つまり、いちご鼻ができるメカニズムも初期のニキビができるのと同じです。

 

角化異常の原因

 

初めに上記の画像に書かれたような影響を受けて、皮膚が厚くなります。

なぜ厚くなるのかというと、肌が外からの刺激を受けて、自分を守ろうとしているからです。

 

守ろうとして肌を厚くしますが、結果的として毛穴が詰まりやすくなります。

この皮膚が厚くなることを”角化異常”と呼んでいます。

 

角化異常皮脂が溜まる

 

そして、角化異常になって毛穴が詰まると、皮脂が溜まっていきます。

これが微小面皰と呼ばれるニキビの赤ちゃんです。

 

いちご鼻のメカニズム

 

毛穴に皮脂が溜まっていって、小さくポコッと膨れ上がっているのが”白ニキビ”です。

一方、皮脂がどんどん溜まっていって、毛穴が開いてしまったのが”黒ニキビ”です。

 

黒ニキビは毛穴が開いて、皮脂が空気に触れてしまい、酸化するため見た目が黒くなります。

これがいちご鼻(黒ニキビ)ができるメカニズムです。

 

いちご鼻ができる原因3選!

 

いちご鼻の3つの原因

 

いちご鼻ができる原因は以下の3つです。

 


 

  • 皮脂が酸化する
  • 過剰な皮脂分泌
  • 毛穴の開きによる影

 

それぞれ解説していきます。

 

1.皮脂が酸化する

メカニズムでも説明したように、”皮脂が酸化することで黒くなります。”

この皮脂は角化異常が原因で詰まっているため、根本的な原因は”角化異常”にあります。

角化異常がどのような影響でできるのかというと、

 


 

  • 乾燥
  • ストレス
  • 紫外線
  • ホルモンバランスの乱れ
  • 肌に触れ続ける

 

この5つが考えられます。

間接的な原因ではありますが、一度自分の生活と照らし合わせてみてはいかがでしょうか?

 

2.過剰な皮脂分泌

過剰な皮脂分泌はいちご鼻に大きな影響を与えます。

というのも、”鼻という部位は他と比べて皮脂が分泌されやすいから”です。

 

”皮脂が多く分泌されると、角化異常とセットでいちご鼻”を引き起こします。

過剰な皮脂分泌を引き起こす原因というのが以下のとおりです。

 


 

  • ホルモンバランスの乱れ
  • 乾燥
  • ストレス
  • 遺伝
  • 食生活の乱れ

 


この5つが皮脂分泌の原因になります。

角化異常と被っている部分もあるので、その辺りは注意したいですね。

 

3.毛穴の開きによる影

いちご鼻に限らず、毛穴の黒ずみが気になる方の中には毛穴の影が原因ということがあります。

つまり”毛穴に何も詰まっていないのにそこにできる影によって、黒ずみっぽくなっている”ということです。

 

毛穴の大きさは遺伝による影響もあるので、こうなると中々治すのは難しいでしょう。

毛穴の影が原因の人が洗顔や保湿をやっても意味がないのはなおさらです。

 

いちご鼻の5つの治し方

 

いちご鼻の治し方

 

いちご鼻の治し方は5つあります。

美容皮膚科の治療を入れれば、もっとありますが、代表的なものは5つ紹介します。

 


 

  • ディフェリン・ベピオ
  • トレチノイン
  • 面皰圧出
  • ケミカルピーリング
  • 毛穴パック

 


 

それぞれ解説していきます。

 

1.ディフェリンゲル・ベピオゲル

ディフェリンゲルベピオゲル

 

いちご鼻を黒ニキビとして考えれば、ディフェリンゲルとベピオゲルの2つが最も推奨される薬です。

日本皮膚科学会が作成した「尋常性ざ瘡(ニキビ)治療ガイドライン2016」では、この2つは”黒ニキビに強く推奨する”と書かれています。

 

皮膚科に行けば処方箋を出してもらえますし、”保険適用内の治療なので3割負担”で済みます。

どちらも白ニキビ・黒ニキビを改善する働きとニキビの赤ちゃんを抑制する働きがあります。

 

つまりこの薬を使えば、”いちご鼻の改善と予防を同時にできる”わけです。

いちご鼻ができやすい人はニキビができやすい肌とも言えるので、一度皮膚科に相談してみてください。

 

ディフェリンゲルの注意点まとめ!副作用や日焼け止めについて

ベピオゲルのニキビへの効果は?使い方や副作用まとめ

 

2.トレチノイン

Aレットジェル

 

アメリカでニキビやシミに使われる薬である”トレチノイン”です。

日本では知名度が高くありませんが、色々な肌トラブルに対応できる強力な薬です。

 

ターンオーバー

 

トレチノインはターンオーバーを促進して、”通常ではあり得ないスピードで肌を再生させる薬”です。

僕は、ニキビ跡を治す目的で使いました。

 

そのときに鼻にも使っていたのですが、皮剥けと一緒にいちご鼻も改善していました。

完璧に消えたというわけではありませんが、”使う前と比べると大きな違い”です。

 

元々ニキビ跡を治す目的だったので、ビフォーアフターの写真を撮っていませんでしたが、試してみる価値はあります。

ただし”強力な薬でディフェリンやベピオと比べて、非常に副作用が強い薬”です。

 

肌質やトレチノインの濃度によっても変わりますが、皮剥けや赤く腫れるのは当たり前のように起こります。

いちご鼻をどうしても治したいという人は、一度検討してみてはいかがでしょうか?

 

ニキビ跡の治し方講座!トレチノインでニキビ跡を消す!

 

3.面皰圧出(めんぽうあっしゅつ)

自力で出すのはダメなやり方ですが、皮膚科の治療である面皰圧出はOKです。

面皰圧出とは、”皮膚科医の先生が専用の器具を使って、毛穴から取り出す治療法”です。

 

黒ニキビにはよく使われる治療ですが、直径2mm以上の大きさのものに向いています。

大きな黒ニキビがある方は面皰圧出を試してみてはいかがでしょうか?

施術になりますが、保険適用内で行える治療です。

 

4.ケミカルピーリング

ニキビ治療ガイドライン2016で、”黒ニキビにケミカルピーリングは選択肢の1つとして推奨”されています。

ケミカルピーリングとは、薬剤を使って古い角質や毛穴づまりを溶かして取り除く治療法です。

 

よく”ピーリングは肌を傷つけると言っているサイトを見かけますが、これは完全な間違い”です。

ピーリングは、肌の再生を目的とした治療になります。

 

保険適用外ではありますが、ニキビやシミ、しわに有効な治療の1つです。

特に”ニキビだけではなくて、ニキビ跡にも有効というのが大きなメリット”です。

 

ニキビに悩んでいる人の中には、ニキビ跡も一緒にできているという人は少なくありません。

それを同時に治療できるわけですから、効率が良い治療と言えます。

 

また、”ケミカルピーリングはいちご鼻に対して、即効性のある治療法”です。

急いでいる方や緊急で目立たなくしたいという方は検討してみる価値があります。

 

5.毛穴パック

毛穴パックについては色々な意見が言われていますが、”月に1回程度であればOK”です。

短期間でやり続けてしまうと、肌に負担がかかるのでオススメはしません。

 

特に黒ニキビなので、赤ニキビに悪化することも考えられます。

毛穴パックをするときは、ホットタオルやお風呂上がりの状態で行ってください。

”肌が温まって柔らかい状態でやると、毛穴が開いた状態になるので肌の負担が減ります。”

 

いちご鼻ができたときのスキンケア

いちご鼻ができたときのスキンケアは3つあります。

 


 

  • ホットタオル
  • 白色ワセリンパック
  • 保湿

 


 

それぞれ解説していきます。

 

洗顔

洗顔

 

いちご鼻を治すときに必要なスキンケアが洗顔です。

ただ他のサイトで言っているような「いちご鼻が洗顔で改善する」と言っているのではありません。

 

正直、”いちご鼻は洗顔をしても改善することは無い”でしょう。

これはどんな洗顔料を使っていてもです。

 

ただし、洗顔は皮脂を取り除くため、ニキビ予防効果があります。

当たり前に聞こえますが、欠かせないスキンケアです。

ちなみにニキビ治療ガイドライン2016でも「ニキビに洗顔は有効か?」という項目があります。

 

座瘡患者に1日2回の洗顔を推奨する

(引用元:尋常性ざ瘡治療ガイドライン2016

 

これは洗顔のニキビ予防効果が合理的なものと考えられていて、推奨されています。

洗顔でいちご鼻が治るわけはありませんが、いちご鼻(ニキビ)予防に必要です。

 

【2018年版】ニキビの予防効果がある洗顔料ランキング!

 

白色ワセリンパック

白色ワセリン

 

いちご鼻の毛穴に詰まっているのは”角栓”です。

角栓はタンパク質と皮脂でできていて、7:3の割合になっています。

 

皮脂はミネラルオイルが馴染むと、溶け始めます。

白色ワセリンはミネラルオイル100%で出来ています。

 

つまり、ワセリンパックというのはある意味、いちご鼻に有効なスキンケアのひとつです。

ただし、角栓はすべてが油分でできているわけでは無いので、必ず改善できるわけではありません。

 

口コミどおりに改善する人もいれば、全く効果がないという人もいるでしょう。

ただ試していないのであれば、一度やってみる価値はあります。

 

保湿

保湿が直接的にいちご鼻の改善になるわけではありません。

しかし、いちご鼻のメカニズムを考えたときに保湿は非常に重要なスキンケアだとわかります。

 

角化異常の原因

 

これはいちご鼻のメカニズムで載せた画像です。

この中の乾燥という項目を防ぐために必要なのが保湿です。

 

洗顔と同じで予防になりますが、いちご鼻だけではなくて、幅広い肌トラブルを防ぎます。

保湿は洗顔の後に必ずして、1つの保湿剤に絞って保湿することをオススメします。

 

保湿剤を1つにすることで、手が肌に触れる回数を減らして肌への負担を減らします。

要するに乾燥しなければ良いわけですから、1つだけで保湿ができれば理想的です。

 

あなたの保湿は大丈夫?ニキビの正しい保湿方法と保湿ケア商品

 

やってはいけない?NGスキンケア

 

手で押し出す

いちご鼻にできた人に一番ありがちなのが”手で押し出そうとする”です。

ニキビに手で触れてしまうと、ニキビが悪化する可能性も高くなります。

 

また、手で触り続けることはニキビの原因にもなるので、繰り返し黒ニキビができてしまいます。

仮に毛穴汚れが取れたとしても、毛穴が大きく開いた状態になることもあります。

そうなると治すのがより難しくなるので、手で押し出すのは辞めましょう。

 

オロナインパック

オロナイン

 

いちご鼻に「オロナインパック」というケア方法があります。

オロナインを鼻に厚く塗って、少し放置した後で洗い流すというものです。

ただこれって、どういう仕組みで角栓がとれるというものなのでしょうか?

 

オロナイン効果効能

 

オロナインの有効成分は”クロルヘキシジングルコン酸塩液”です。

この成分は”細菌を殺菌する”働きをもった成分になります。

 

つまり、オロナインは消毒の塗り薬みたいなものですが、これでパックしていちご鼻を改善するというのはどう考えても不可能です。

どういう経緯で広まったのかはわかりませんが、これからいちご鼻のケアをしようと思っている人はやらないようにしてくださいね。

全く意味がありません。

 

オロナインでニキビは治せる?オロナインの効果を考察してみた!

 

ゴマージュ

ゴマージュとは植物の種や殻を使って肌を擦り、洗い流すという美容法です。

一見すると、ピーリングと同じように見えますが、ゴマージュはオススメしません。

 

というのも、ピーリングでの再生を狙った治療法とは違って、ゴマージュは肌を傷つける要素が強いです。

ゴマージュでケアした肌は硬くなりやすく、悪影響が出やすいです。

 

まとめ

いちご鼻とは黒ニキビのことで、ケアというよりも治療をしていく形になります。

いちご鼻の治療法は色々ありますが、治療が難しいという特徴もありました。

 

また、いちご鼻のケア方法は間違ったものが流れていることが多いです。

間違ったケアをすると、ニキビが悪化したり、できやすくなったりするので注意してください。

 

では、いちご鼻に悩んでいる人は参考にしてみてください!