保湿方法

 

 

「ニキビに保湿が大事って聞くけど、どういう方法が良いの?」と疑問に感じていませんか?

 

保湿の具体的な方法って案外載ってないですよね。

保湿についての情報を調べてみると、成分がどうとかの話が多くてイマイチ納得できるものがありません。

 

そこで今回はニキビに悩む人用の保湿方法を解説します。

保湿のやり方がイマイチわからない人や自分のやり方が正しいか自信がもてない人は参考にしてみてください!

 

ニキビのスキンケア方法まとめ!洗顔から保湿のやり方まで

 

保湿をするときのルール

保湿のやり方

 

ニキビ肌に保湿をするときは3つのルールがあります。

 


 

  • 洗顔後に必ず保湿をする
  • できるだけ少ない保湿剤で済ませる
  • 優しく包み込むように保湿をしていく

 


 

この3つの方法を意識して保湿をするのがルールです。

それぞれ解説していきます!

 

1.洗顔後に必ずする

洗顔後の保湿

 

”保湿をするタイミングは原則として洗顔後”です。

よく保湿と薬を塗るタイミングを勘違いしている人が多いですが、保湿をしてから薬を塗ります。

 

特に洗顔をした後は皮脂を取り除いていて、乾燥しやすくなっています。

そのため、”洗顔の後は流れで保湿をするように習慣づけるのが良い”です。

 

ちなみに朝の水洗顔の後も保湿をしてください。

男性の場合はシェービングをして洗顔、保湿という流れになると思いますが、”シェービングの後は乾燥しやすいので必ずする”ようにしましょう。

 

2.できるだけ少ない保湿剤で済ませる

化粧品

 

当サイトでは”できるだけ少ない保湿剤で済ませるのが良い”と考えています。

というのも、乾燥を防ぐことを目的とするのなら、複数の保湿剤を使う意味はないからです。

 

今は化粧水や美容液、乳液などを流れで使うのが当たり前になっています。

しかし極論を言えば、ひとつで保湿ができないならそこまでの保湿力が無いということでしょう。

 

そのため、”保湿が1つで済ませられる保湿剤を使うのが望ましい”です。

保湿剤もニキビに悩む人特有の選び方があります。

 

3.優しく包み込むように保湿をしていく

包み込む

 

保湿をするときにパチパチと叩くパッティングをする人が多いです。

”一見すると肌に浸透していきそうな感じもしますが、これは肌の負担”になります。

 

またパッティングによって、肌に浸透していくということは無いので絶対にやらないようにしてください。

”保湿をするときは肌を包み込むようになじませるのがコツ”です。

そうすることで肌に負担をかけずに保湿ができます。

 

手とコットンどっちが良いの?

保湿をするときに一番よくある疑問は「手とコットンどっちが良いか?」です。

結論を言ってしまえば、”どちらでもOK”です。

 

正しいやり方で保湿をしていれば、手やコットンで肌の刺激で大きく変わることはありません。

ただ保湿剤が保湿クリームや美容液の場合は手でやる人が多いです。

 

管理人管理人

ちなみに”僕は手で保湿をする派”です!

 

正しい保湿のやり方

保湿の手順

保湿は、”手にとってする人””コットンに馴染ませて保湿をする”人の2つに分かれます。

どちらもメリット・デメリットありますが、好きな方を選んでください!

 

管理人管理人

僕は手に馴染ませて、保湿をする派です!

 

1.適量を手かコットンに取る

保湿の手順

 

保湿をするときは、”手かコットンのどちらかで保湿”をします。

僕は手で保湿をしていますが、お好きな方を選んでください。

 

たまに「どちらが良い?」という質問がありますが、肌に優しく馴染ませればどちらも問題ありません。

 

2.中央のほっぺから馴染ませる

保湿の手順

 

保湿をするときは、ほっぺから馴染ませています。

保湿の順番は洗顔と違って、どこでもOKです。

ただ、初めにテクスチャーを持っている状態なので、”面が広いほっぺから”始めています。

 

3.他の乾燥しやすい部位を保湿する

保湿の手順3

 

ほっぺに馴染ませたら、乾燥しやすい部位から保湿していきます。

乾燥しやすい部位というのは、”Uゾーンと言われている場所”です。

 

富士フイルム水分量

(引用元:富士フイルム

 

あごやフェイスラインがそれに当たります。

顔の中でも水分量が少ない傾向があるので、徹底的に保湿しましょう。

 

ただ、保湿の場合は洗顔とは違って、順番が保湿に影響することは考えづらいです。

”肌に優しく馴染ませる”というポイントを抑えられていれば、どこから始めても問題ありません。

 

間違った保湿方法

保湿にはやりがちな間違いスキンケアがあります。

 


 

  • 顔をこするように馴染ませる
  • 化粧水だけで保湿をしている
  • やたらと多くの保湿ケア商品を塗っている

 


 

以上の3つを解説していきます!

 

顔をこするように馴染ませる

これはパッティングと同様に肌の刺激になります。

”保湿をするときはこすらないように手を器にして、包み込むイメージ”でやりましょう。

特にニキビが多い人はこすってしまうと、ニキビを悪化させる原因になります。

 

化粧水だけで保湿をしている

化粧水はそこまで保湿力がありません。

基本は水で構成されているので、肌の上で蒸発していきます。

 

おそらく付けたときは保湿をしている感じがあると思いますが、”数十分後には乾燥している”でしょう。

保湿は次のスキンケアまで乾燥を防いでいる必要があるため、化粧水だけで保湿をするのはオススメしません。

 

ニキビに化粧水っていらないよねって話

 

やたら多くの保湿ケア商品を塗っている

コスメ好きな方ほど、多くの保湿ケア化粧品を使っている印象です。

しかし気に入っている化粧品を色々使って保湿をしているということは、ひとつひとつは大した保湿力がないと言っているようなものです。

 

”保湿の本来の目的は乾燥を防ぐことにあるわけですから、ケア商品がひとつでも乾燥を防げていれば良い”わけです。

お金をかけて複数のものを買わずにひとつで済ませられるものにお金をかける方がよっぽどコスパが良いですし、時短になります。

 

保湿ケア商品の選び方

 

保湿ケア商品を選ぶときは、下記の3つのポイントを見て選びましょう。

 


 

  • 1本で保湿できること
  • 刺激になる成分が配合されていないこと
  • ノンコメドジェニックテスト済みになっていること

 


 

現時点では、この3つを参考にします。

保湿ケア商品は、化粧水からクリームまで色々と使ってきました。

 

 

上記は、それぞれ使ってきた中でオススメの保湿ケア用品をまとめています。

ここでは詳しく紹介しませんが、自分が使いたい保湿ケアのところを参考にしてみてください!

 

まとめ

保湿は正しいやり方をすれば、ニキビの原因である乾燥を防ぎニキビ予防になります。

しかし間違ったやり方では、ニキビを悪化させる可能性も出てきます。

 

今現在色々な保湿ケア商品を使っているなら、一度考え直してみてはいかがでしょうか?

本当は必要のないものを使っている可能性もあります。

 

スキンケア方法のまとめ