ニキビを早く治す方法

 

 

「デートがあるから早くニキビを治したい!」と悩んでいませんか?

また「ニキビを即効で治すにはどうすればいいの?」と困っていませんか?

 

今回はニキビをできるだけ早く治す方法を紹介します。

どうしてもニキビの無いキレイな肌にしたいときってありますよね。

 

そんなときは色々な工夫をして、ニキビが治りやすい状態にもっていきます。

ニキビを早く治す方法は5つあるので、参考にしてみてください!

 

即効で治す方法を紹介する前に理解してほしいこと

ニキビを早く治す方法を紹介する前に知っておいてほしいことがあります。

それは”ニキビの治療は本来、新しいニキビができないような治療もする”ということです。

 

この記事では、今できているニキビを早く治す方法を紹介します。

しかし、これらの方法では完全にニキビを治すことはできません。

 

なぜなら、”今あるニキビを治しても新しくできるニキビを防げなければ、ニキビは繰り返しできてしまうから”です。

緊急用として対処療法を行うことは良いと思いますが、その後でちゃんとニキビ治療をしてください。

 

管理人管理人

この治療が終わったら、正しいニキビ治療をしてください!僕からのお願いです!

 

ニキビを早く治す5つの方法!

 

ニキビを早く治す5つの方法

 

ニキビをできるだけ早く治す方法は5つあります。

 

  • 抗菌薬を塗る
  • 皮膚科で面皰圧出(めんぽうあっしゅつ)をする
  • 市販の薬を検討する
  • ニキビに触らない
  • 生活習慣を意識する

 

これらはすべてニキビを早く治すのに関係します。

ニキビを早く治したい人は参考にしてみてください!

 

1.抗菌薬を塗る

ダラシンとアクアチムクリーム

 

ニキビを最速で治すためにしておきたいことは”抗菌薬を塗る”ことです。

抗菌薬とは、細菌を殺してくれる薬のことを言います。

 

抗菌薬の中には、殺菌の他に炎症を抑える働きをもった薬もあります。

ニキビを早く治すとすれば、この薬は絶対に外せません。

 

ただこれらの薬は皮膚科に行かなければ、手に入れられません。

ニキビを早く治すなら、皮膚科に行くことも必要になります。

 

手に入れてしまえば、後は1日2回(1回の薬もあり)ニキビに塗れば改善していきます。

注意点としては、”長期間使うことができないこと””炎症のあるニキビにしか使えない”ことです。

 

この2つを守れば、早く治す方法として使えます!

 

2.皮膚科で面皰圧出をする

 

 

皮膚科で行える”面皰圧出(めんぽうあっしゅつ)”という治療法です。

昔からある対処療法の1つになります。

 

動画のとおりニキビを潰して治りを早くするというものです。

専門的な治療で、「ニキビ治療ガイドライン2016」でも選択肢の1つとして推奨されています。

 

ニキビは芯を取り出せるものは取り出した方が治りが早いです。。

ただし、自分で潰すのと面皰圧出の治療は全くの別物になります。

 

この治療では専門医が専用の器具を使って行います。

芯を出した方が良いからと言って、自分で潰さないようにしてください。

 

この治療は保険が適用される施術なので、緊急のときは皮膚科で相談してみてはいかがでしょうか?

 

3.皮膚科に行けないなら市販の薬を検討する

緊急ということでどうしても皮膚科に行けない場合はドラッグストアで売られている市販薬を使いましょう。

基本的にこのサイトではニキビを治すのに市販薬をオススメしていませんが、緊急時に限っては良いと考えています。

 

テラ・コートル

 

ニキビに使える市販薬は色々ありますが、「テラコートリル軟膏」という薬がオススメです。

この薬は”殺菌作用””抗炎症作用”の2つがあります。

 

どちらも赤ニキビに強力な働きをもっていて、市販ながら期待できます。

ただ6gで1000円と市販薬の中では、やや高めの価格なのがデメリットです。

 

皮膚科でもらえる薬よりは効果が劣りますが、市販の薬を使うならオススメです。

 

4.ニキビに触らない

触る

 

早く治したいと焦ってしまい、ニキビをやたらと触ってしまうなんてことありませんか?

”ニキビや肌には、触らないようにするべき”です。

 

なぜなら、ニキビに触り続けるとニキビを悪化させる原因になりますし、肌に触っているとニキビの原因になってしまいます。

頬杖やニキビを触るクセがある人は意識してやめるようにしてください。

 

どうしても辞められないときは触った回数を記録すると、簡単にやめることができます。

 

鏡を見る

 

また”何度も鏡を見るのも辞めた方が良さそう”です。

気になるのも無理ありませんが、ニキビを気にしないことも重要なポイントになります。

 

5.生活習慣を意識する

睡眠

 

生活習慣はニキビを悪化させる要因を作ります。

 

【ニキビを悪化させる要因】

  • 睡眠不足
  • ストレス
  • 触る、潰す
  • 間違ったスキンケアやメイク

 

これらはニキビを今よりも悪化させる原因になりえます。

生活習慣を意識するなら、”6時間以上は寝ること””ストレスを解消すること”この2つは意識したいですね。

 

よく言われる食事についてはバランスよく食べていればOKです。

食事制限や変に気を使った食事はしなくても問題ありません。

 

焦りは禁物?早く治したい人が注意すべきポイント

 

ニキビを緊急時に注意するポイント

 

ここまではニキビを早く治す方法を紹介しました。

逆に焦ってやってしまいがちな注意すべきことを紹介します。

 

  • ニキビを潰してしまう
  • 絆創膏を貼る
  • コンシーラーで厚塗りをしてしまう
  • 1日に何度も洗顔をする
  • マスクや前髪で隠す

 

この5つは早く治したいと思っている人ほど、やってしまいがちです。

それぞれ解説していきます。

 

1.ニキビを潰してしまう

潰すのはNG

 

どうしても早く治したいからと言って、”ニキビを潰してしまうのは絶対にダメ”です。

早く治す方法でも少し説明しましたが、専門的な治療とは全くの別ものです。

 

自分でニキビを潰してしまうと、ニキビ跡になったりニキビを悪化させたりします。

よくニキビに触って潰しているという人は、”掻破性座瘡(そうはせいざそう)”というニキビかもしれません。

 

この場合は一度皮膚科に行って、先生に相談するのが良いでしょう。

基本的に自分でニキビや肌に触ることはオススメできません!

 

2.絆創膏を貼る

絆創膏

 

ニキビに絆創膏を貼るのは注意したいケアです。

なぜなら、”絆創膏を貼り続けると、ニキビや肌の刺激になるから”です。

 

一見すると、良さそうな治療法に見えるかもしれませんが、ニキビや肌に触れ続けることを考えるとあまりオススメはできません。

最悪の場合はニキビを悪化させる原因になりますし、ニキビができる原因にもなりかねないです。

 

ニキビを治すときに絆創膏を使うことなんて無いので、貼らないようにしてくださいね。

 

3.コンシーラーで厚塗りをしてしまう

メイク

 

これは女性にありがちなことですが、ニキビを隠すためにコンシーラーを厚塗りしてしまうことがあります。

このことは日本皮膚科学会でも注意しています。

 

にきびがあるから化粧(メイクアップ)をしてはいけないということはありません。しかし、赤いにきびを隠すために、にきびの上にファンデーションやコンシーラーを塗り重ねることはお勧めできません。

(引用元:日本皮膚科学会-化粧(メイクアップ)はしてはいけませんか?

 

メイクをするときはニキビが相対的に目立たなくなるようにします。

具体的には以下のようなポイントが挙げられます。

 

  • ファンデーションは薄く塗る
  • リップやアイメイクで視線をそらす
  • 黄色のコントロールカラーで目立ちにくくする

 

赤ニキビが多いときはコンシーラーをポイントで付けることはOKです。

ただそのときも厚く塗らないように注意しましょう。

 

4.1日に何度も洗顔をする

洗顔

 

「ニキビ=皮脂」が原因ということで、「1日に何度も洗顔をしてしまう」ケースがあります。

皮脂が原因に関係しているのは間違っていませんが、皮脂を取り除いたからと言ってニキビが治るわけではありません。

 

なので、洗顔をいくら繰り返してもニキビを治すことはできないでしょう。

むしろ、1日に何回もしてしまうと、ニキビの刺激になり悪化する原因になります。

 

洗顔は”1日2回で、泡をのせる時間も1分以内”にしてください。

洗顔をするときは肌に負担をかけないことを第一に考えて行います。

 

洗顔については「ニキビのスキンケア方法まとめ!洗顔から保湿のやり方まで」を参考にしてください!

洗顔料については「【2018年版】ニキビに予防効果のある洗顔料ランキング!」を参考にどうぞ!

 

5.マスクや前髪で隠す

マスク

 

当サイトでは”マスクや前髪で隠すことは、外出のときのみOK”にしていました。

しかし、”今回は緊急で治したいということなので、ニキビを悪化させないためにもマスクや前髪で隠すのはオススメしません。”

 

これらは肌に触れ続けていると、角化異常(かくかいじょう)の原因になります。

角化異常とは、”外からの刺激を受けて肌を厚くすること”です。

 

刺激から肌を守るために必要なものですが、毛穴が詰まりやすくなってしまいます。

ニキビの根本的な原因で、これをどう避けるかがポイントです。

 

マスクや前髪は新しいニキビの原因にも悪化する原因にもなるので、肌に触れないようにしましょう。

 

ニキビを確実に治すなら最低でも3ヶ月は続ける

ニキビを早く治す方法を解説しましたが、この方法ではまた繰り返しできます。

一時的に治りが早くなりますが、今後新しいニキビを防ぐことはできません。

 

つまり、確実にニキビを治すためにはこの方法だけではダメなのです。

詳しい治し方は「3ヶ月で治すニキビの治し方講座」に書いています。

 

ここに書かれている治し方では、最低でも3ヶ月は継続して続けなければいけません。

ニキビの治療は一度肌をキレイにして終わりではなく、そこから新しくできないような治療をしなければなりません。

 

まとめ

ニキビを早く治す方法を5つ紹介しました。

どれも今できているニキビを治し、悪化させないようにできる方法です。

 

「緊急でどうしても早く治したい!」という人は参考にしてみてください。

ただ繰り返し言うように今あるニキビを治しても、結局繰り返しできてしまいます。

 

その対策としても新しいニキビができないような治療法も実践しなければいけません。

では、ニキビを早く治したいのためになれば幸いです!