エピデュオゲル

 

「エピデュオゲルはニキビに効果ありますか?」

「エピデュオゲルを使っていたら、強い副作用が出た・・・」

 

今回はエピデュオゲルの効果から副作用までを解説していきます。

エピデュオゲルは2016年の11月から発売された新しい治療薬です。

 

日本皮膚科学会が作っているニキビ治療ガイドラインでも、”白ニキビ・赤ニキビともに強く推奨する(A)という評価”がされています。

これだけの評価がされているだけあって、強力な効果がありますがその分副作用も強いのが特徴です。

 

そこで今回はエピデュオゲルの効果から副作用までを解説していきます。

エピデュオゲルについて気になっている方は参考にしてみてください!

 

エピデュオゲルとは?

エピデュオゲル

 

エピデュオゲルとは、”アダパレン0.1%””過酸化ベンゾイル2.5%”を配合した塗り薬です。

この2つの成分は、それぞれディフェリンゲル(アダパレン)とベピオゲル(過酸化ベンゾイル)を混ぜ合わせています。

 

ディフェリンゲルとベピオゲルはどちらもニキビ治療ガイドラインで、白ニキビ・赤ニキビともに強く推奨されています。(A)

そんな強力な薬2つを混ぜ合わせているので、エピデュオゲルもニキビに強力な効果があるわけです。

 

しかもエピデュオゲルは保険が適用される薬なので、3割負担で治療できます。

比較的新しい薬なので、試していない人は試してみる価値ありです。

 

エピデュオゲルの効果

エピデュオゲルは、”「ディフェリンゲル」と「ベピオゲル」の2つの効果”を併せ持ちます。

細かく見ると色々な効果があるのですが、ここでは大きく3つにわけて解説します。

 


 

  • ピーリング作用
  • 抗菌作用
  • 抗炎症作用

 


 

それぞれ解説していきます。

 

1.ピーリング作用/角化の抑制

ベピオゲルにはピーリング作用があります。

”肌の表面にある角質層を剥がす働きがあるので、角栓を取り除き白ニキビが改善”します。

 

この働きは目に見えない隠れニキビにも有効です。

またディフェリンゲルがもつ角化の抑制という働きもあります。

 

角化の抑制とは、”細胞が角質細胞になるのを抑制してニキビを予防してくれる”という働きです。

そもそも角質細胞ができるのを抑制してくれるので、根本からニキビをできにくくしてくれます。

 

2.抗菌作用

抗菌作用はベピオゲルの効果です。

”ベピオゲルがもつ抗菌作用は強力な酸化剤で普通の抗菌薬とは違い、耐性菌ができません。”

 

しかも、普通の抗菌薬と別のメカニズムで抗菌しているので、抗菌薬と併用することもできます。(推奨はされていませんが)

抗菌作用があるとは言っても、耐性菌が出てこないので、長期間使っても問題ありません。

 

3.抗炎症作用

ディフェリンゲルは、抗炎症作用があると報告されています。

メカニズムを簡単に説明すると、”炎症に関わる因子が作り出されるのを抑制している”のです。

基本的に抗炎症作用はディフェリンゲルの主要な効果ではありませんが、ニキビ治療には優秀な働きといえます。

 

エピデュオゲルを個人輸入で購入して使ってみた

エピデュオゲル箱

 

今回はエピデュオゲルを個人輸入で買ってみました。

海外から発送されるので、”だいたい注文から一週間ほどで自宅に到着”します。

箱はいつも通り小さなダンボールでした。

 

箱の中身

 

箱の中身は本体の箱と発泡スチロールが敷き詰められています。

これではやや不安な感じもしますが、見た感じは傷や汚れなどはありませんでした。

 

エピデュオゲル

 

個人輸入したエピデュオゲルは、ガルデルマのエピデュオゲルです。

日本で使われているエピデュオゲルは基本的にマルホなので、デザインや容器は全く違いました。

 

エピデュオゲル

 

ガルデルマのエピデュオゲルは円柱形の容器に入れられています。

ニキビの薬はだいたいチューブタイプなので、珍しいです。

 

エピデュオゲルポンプ

 

しかも、ポンプ式になっていて、押すと適量出てきます。

チューブよりも楽なので、個人的には気に入っています。

ただ最後の方がどうなるかは心配です。

 

エピデュオゲル製剤

 

製剤はディフェリンやベピオと変わらない感じです。

白色で製剤特有のニオイがします。

 

薬の伸びなども変わらない感じでしたが、”やや刺激感が強い印象”です。

後ほど解説しますが、ディフェリンやベピオよりも副作用が強い薬なのでこれらの薬を一度使っていても刺激を感じます。

 

エピデュオゲルの副作用

エピデュオゲルを使って感じた副作用は”刺激感・乾燥・赤み”でした。

刺激や乾燥は今まで使った薬にもあったのでよかったのですが、赤みは少しツラかったです。

 

というのも、”塗った部分がキレイに赤くなってしまい、どこに塗ったか周りからみてわかるくらいだったから”です。

塗るときは後ほど説明する塗り方で慎重におこなうことをオススメします。

 

国内の臨床試験によると、以下のような結果になっています。

 

国内第Ⅲ相臨床試験( 2 試験)において、安全性評価対象例648例中70例(10.8%)に副作用が認められた。主な副作用は、皮膚刺激(52例、8.0%)、皮膚疼痛( 6 例、0.9%)、アレルギー性皮膚炎( 4 例、0.6%)であった。

引用元:https://www.maruho.co.jp/medical/pdf/products/epiduo/epiduo_te.pdf

 

だいたい”10人に1人は副作用”が認められています。

一番多い副作用は皮膚刺激で、これは私も感じました。

 

頻度としては0.1%~5%ほどですが、紅斑やかゆみなども認められています。

私が感じた副作用は以下のものです。

 


 

  • 乾燥
  • ヒリヒリ
  • 紅斑
  • かゆみ

 


 

だいたいディフェリンやベピオで感じるような副作用がほとんどでした。

ただ使い始めてから数日くらいで出てきたので、強力な薬なんだなと感じます。

ちなみに添付文書では、”ディフェリンやベピオなどの単剤よりもエピデュオゲルで刺激が出る恐れがあるため、単剤を先に使用することを推奨”しています。

 

副作用が出たときの対処法

エピデュオゲルで刺激が出たら、保湿を行うようにしましょう。

ディフェリンゲルの臨床試験では、ヒルドイドを使って保湿をすることで皮膚の刺激の予防に有効と結果が出ました。

 

ヒルドイドでなくても、自分が使っている化粧品で保湿をしてから薬を塗るようにしましょう。

ただし、”重度の皮膚刺激が出た場合は使用を中止”するようにしてください。

特に赤みが顔全体に広がってしまった場合は一度皮膚科医の先生に相談した方がいいです。

 

エピデュオゲルの使い方

エピデュオゲルは、”1日1回夜に”塗ります。

薬を塗るときの順番は以下のとおりです。

 

エピデュオゲル使い方

 

ニキビを治すのに焦って、”1日2回塗ったり量を多くしたりするのはオススメできません。”

ちゃんと指示されたやり方で治療をするようにしてください。

 

また塗るときは人差し指の第一関節くらいの量をとって、皮膚の薄いところは避けつつ薄く広げるように塗りましょう。

マルホでは塗る面積を徐々に広げていくやり方を推奨しています。

 

マルホエピデュオゲルの使い方

(引用元:https://www.maruho.co.jp/medical/pdf/academic/shidousen/epiduo_shiyousarerukatahe.pdf

 

他の薬では見かけないやり方ですが、初日はニキビを中心に2cm以下の範囲で塗ります。

そして、1日ごとに直径1cmずつ広げていきます。

 

顔全体にニキビがある人は数日かけて顔全体に広げていくことをオススメしています。

これはエピデュオゲルの刺激感を考えてのやり方だと思うので、”慎重にやりたい人はこのやり方がオススメ”です。

 

エピデュオゲルの保存方法や注意点

1.直射日光は避けて、室温(1~30℃)で保存する

エピデュオゲルは直射日光や湿気を避けて、室温で保存します。

1℃以上なので冷蔵庫でもいいとは思いますが、強くオススメしている感じではありません。

 

なので、”常温で保存しておくのがいい”でしょう。

ただ温度的には冷蔵庫でもいいので、他の薬と一緒に保存するのもいいかもしれません。

 

2.妊娠・授乳中の女性は基本的に使えない

エピデュオゲルは妊娠している女性には使えません。

妊娠中に使うと害があるというわけではなさそうですが、動物実験で妊娠中の動物に大量に飲ませると骨や臓器に異常がある子供が認められたからです。

 

もしもという場合もあるので、”妊娠中は使わないほうがいい”でしょう。

また授乳中もオススメされていませんが、どうしても使う場合は授乳自体をしないようにしてください。

 

3.漂白作用があるので、髪や服などに注意する

ベピオゲルの働きで漂白や脱色作用が認められています。

髪の毛や服などについてしまうと、その部分だけ色が変色するので注意してください。

 

私はアイマスクをつけて寝ていたら、変色していました。(ベピオゲル使用時)

今の所髪の毛が変色したという経験はありませんが、”できるだけつかないように意識することをオススメ”します。

 

まとめ

エピデュオゲルはニキビに強力な効果がある薬です。

しかしそれだけ副作用も強いので、今まで薬を使っていた人も注意するようにしてください。

 

私はディフェリンやベピオゲル、トレチノインといった薬を使った経験がありますが、それでも刺激を感じました。

基本的に1,2週間ほどだとは思いますが、使うときは慎重に利用するようにしてください。

それではエピデュオゲルについて詳しく知りたい方は参考にしてみてください!