ニキビとチョコレート

 

 

「チョコを食べすぎるとニキビができるって本当なの?」と思ったことはありませんか?

または、「チョコを食べてたらニキビができた・・・」という経験はありませんでしたか?

 

ニキビとチョコレートの関係は昔から議論されてきましたが、いまだに結論は出てきません。

今回はそんなニキビとチョコレートに関する意見を両面から見ていきます。

 

チョコがニキビの原因になるという意見

 

チョコがニキビの原因になるという意見

 

チョコがニキビの原因になるという意見は以下の2つが挙げられます。

 


  • カカオパウダーの摂取でニキビが増えた
  • チョコに含まれる糖質や脂質がニキビの原因になっている

 

それぞれ解説します。

 

カカオパウダーの摂取でニキビができた

最近の報告では、”カプセルに入れた100%カカオパウダーの摂取でニキビができた”という結果が出ています

これは14名で行われ、観察期間が1週間の試験です。

 

観察期間が短く他の原因が考えづらいので、面白い試験と言えます。

カカオパウダーがニキビの原因になっているのであれば、チョコレートがニキビの原因になっていてもおかしくはありません。

 

チョコレートに含まれる糖質がニキビの原因になっている

ニキビの原因は大きくわけると、”角化異常(かくかいじょう)””皮脂の過剰分泌”の2つです。

糖質はその中の”皮脂の過剰分泌”を引き起こします。

 

市販で売られているチョコレートの中には、半分が糖質なんてものもあります。

そういったものは、ニキビの原因になると考えられます。

 

しかし、糖質の多い食べ物はチョコレートに限りません。

 


  • 白米
  • スパゲッティ
  • 食パン
  • さつまいも
  • バナナ
  • 牛丼

 

このあたりのよく食べるものも糖質が多いです。

ニキビの間接的な原因になるからと言って、これらの食べ物を制限するのが推奨されているわけではないので、糖質制限はオススメしません。

 

管理人管理人

 

チョコはニキビの原因にならないという意見

 

チョコがニキビの原因にならないという意見

 

チョコがニキビの原因になる意見の一方で、原因にはならないというものもあります。

 


  • カカオポリフェノールはニキビの炎症を抑制する
  • カカオによるニキビの重症度の変化はなかった
  • ブラックチョコレートのGI値は低い

 

それぞれ解説します。

 

カカオポリフェノールはニキビの炎症を抑制する

カカオポリフェノールとは、カカオ豆に含まれているポリフェノールの一種です。

このカカオポリフェノールには、”抗酸化作用があるので、美容効果があるので有名”です。

 

よく言われているアンチエイジングというのは、抗酸化作用のことを主に指しています。

肌の老化は活性酸素と呼ばれるものが原因のひとつですが、それを取り除けるのが抗酸化作用ということです。

 

また、これはニキビの炎症を抑制にもつながります。

ある実験では、”チョコレートの摂取が炎症の原因を抑制する”という報告がされています。

 

これはチョコレートに含まれるカカオポリフェノールのおかげです。

 

カカオによるニキビの重症度の変化はなかった

ニキビとチョコレートの実験の中で一番最初に行われた実験では、ニキビの重症度は変わりませんでした。

この実験はチョコバーとカカオ抜きのチョコバーを食べる人に分けて、行われました。

 

その結果、ニキビの重症度に違いは見られなかったのです。

この結果から「カカオではなく、糖質や脂質が関係しているのでは?」という可能性が考えられるようになりました。

 

ブラックチョコレートのGI値は低い

原因になる意見の方で糖質について説明しましたが、それと一緒に注目されているのがGI値です。

GI値というのは、血糖値の上がり下がりを示す値のことです。

 

GI値が高い食べ物は”『インスリン』というホルモンの分泌が高まり、皮脂の分泌を促進”します。

しかし、ブラックチョコレートのGI値は「22」となっています。

 


  • ブラックチョコレート「22」
  • プレーンヨーグルト「25」
  • アボカド「27」
  • いちご「29」
  • 大豆「30」
  • オレンジ「31」

 

”ブラックチョコレートのGI値は野菜と同等かそれ以下”の数値になっています。

食生活を考えるときに低GIの食べ物が役立つので、そういう意味ではブラックチョコはオススメです。

 

ただ普通のミルクチョコレートはGI値「91」と高いので、注意してください。

あくまでブラックチョコレートの話です。

 

チョコレートを食べてニキビが悪化したと思ったら避ける

結論

 

ここまでニキビとチョコレートの関係についてお話していきました。

初めにも言ったようにニキビとチョコレートの関係はいまだに結論は出ていません。

 

ニキビと食べ物の関係は実験をしたとしても、食べ物以外の要因が考えられるため一概には言えず、結論が出しにくいのです。

そういったこともあって、日本皮膚科学会では以下のように推奨をしています。

 

チョコレートもケーキもピーナッツも一切食べてはいけないということはありません。とくに思春期は成長期でもありますので、やみくもに制限することなく、バランスの良い食事をとるように心がけてください。

(引用元:食事の注意点は?-日本皮膚科学会

 

皮膚科医の先生に食べ物について質問した方はおそらく「バランスの良い食事をしてください」と言われていないでしょうか?

この回答は知識不足のように感じるかもしれませんが、正しい回答です。

 

もっと言えば、偏った食事で無ければ自由に食べて良いとも言えます。

栄養バランスに偏りのある食事はダメですが、”ある程度のバランスがあれば気にする必要はない”です。

 

ただし、「チョコレートを食べるとニキビができる気がする・・・」というのがあれば、避けるのが無難でしょう。

 

まとめ

ニキビとチョコレートの関係は結論が出ていません。

しかし、チョコレートを食べるとニキビができるという人は食べないようにしてください。

 

そういったのが無い人は”食事制限をせずにバランスの良い食事を心がけるだけでOK”です。

個人的には、ニキビとチョコレートは気にするほどでは無いかなと考えています。

 

もちろん、間接的な原因になっている節はありますが、それはチョコレートだけではありません。

どちらかと言えば、「ニキビができやすい体調のときにチョコレートを食べがちだからでは無いか?」と考えています。

 

ストレスが溜まっているときや疲れているときにチョコレートを食べてしまい、そこでニキビができたときに「チョコが原因では?」という流れです。

つまり、根本的な原因はチョコというより体調の変化やストレスということもあると思います。

 

一概には言えないので、参考程度ですが。

ニキビができている人は食事制限をすることなく、自由に食べてください!