IMG_0808[1]

 

ビオレから出ているスキンケア洗顔料薬用アクネケアです。

340円で130g(1か月半~2か月)の容量を買うことが出来るので、手軽に多い量を買うことができます。

 

中学生や高校生など、学生の方やスキンケアにお金をかけたくないという方が多く使っているようです。

アクネスとすごい似ている気もしますが、どんな洗顔料なのか見ていきましょう。

 

ニキビの予防効果がある洗顔料ランキングを見てみる

当サイトの洗顔料1位を見てみる

 

商品の基本情報

 

商品名 ビオレスキンケア洗顔料薬用アクネケア
販売会社 花王株式会社
分類 医薬部外品
価格 340円(Amazon参考)
送料 無料
内容量 1ヶ月分(130g)
特典 なし

 

体験レビュー!実際に使って分かった使用感と効果!

ビオレスキンケア洗顔料

 

”市販品の中で一番安かった”のが、このビオレの洗顔料でした。

アクネスとすごい似ている気がするのは僕だけでしょうか。

130gで緑色、有効成分も同じです。

 

IMG_0809[1]

 

こちらがビオレの全成分表示です。

 

イソプロピルメチルフェノール*、グリチルリチン酸ジカリウム*、水、ソルビット液、ラウリルヒドロキシスルホベタイン液、POEラウリルエーテル酢酸、水酸化カリウム液(A)、ミリスチン酸、アクリルアミド・アクリル酸・塩化ジメチルジアリルアンモニウム共重合体液、ラウリン酸、アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体、グリセリルエチルヘキシルエーテル、パルミチン酸、PEG-6、高重合PEG、アルキル-1,3-ジメチルブチルエーテル、MA・ジイソブチレン共重合体Na液、エデト酸塩、酸化Ti、フェノキシエタノール、香料
*は「有効成分」無表示は「その他の成分」

 

ビオレも肌に負担をかける成分が配合されています。

同じ市販の「アクネス」や「ロゼット洗顔パスタ」は、有効成分以外にビタミンC誘導体や植物エキス、クレイが配合されていました。

 

ビオレは有効成分以外、ほぼ添加物です。

これが価格の安さにつながっていると考えられます。(ビオレはこの3つの中で良く言えばシンプルですが、手抜きとも言えます)

 

IMG_0846

 

テクスチャーは、白色で少し水っぽい感じのテクスチャーになっています。

香りはフローラルの香りらしいですが、石鹸の匂いです。

匂いはアクネスと比べると、ビオレの方が好きですね

 

IMG_0847

 

泡立てると、こちらも泡立ちは悪くない感じです。

成分の中に”ラウリン酸”が配合されていたので、そのおかげだと思います。

 

実際に洗顔しました。

正直、アクネスよりも乾燥します。

 

泡を触ってた手まで乾燥してきたときにはびっくりしました。

 

「え!?こんなことある?」

 

ってくらいに乾燥します。

脂性である程度の化粧品なら乾燥を感じない肌質なんですが、ビオレに関しては感じましたね。

香りも使用感も良いのですが、”乾燥する”この一言に尽きます。

 

市販のニキビ洗顔料!ニキビにオススメのプチプラ洗顔を検証!

 

ビオレアクネケア洗顔のメリットと良かったところ

管理人管理人

使用感やコスパの良さは良かったです!

1.香りと泡立ちの良さ

ビオレの洗顔料を使っていて感じたのが”使用感がめちゃくちゃ良い”ということです。

レビューの方で言ったとおり、泡立てると石鹸の香りがしますし、ふわふわの泡ができます。

 

使用感で考えれば、そこそこ高い洗顔料と変わらないくらいよく出来ています。

この安さでここまで使用感が良いとびっくりしますね。

 

市販で売られている洗顔料はいくつか試していますが、その中でダントツで使用感が好きでした。

ただ、洗顔後の乾燥はひどいので、そこは後ほど解説します。

 

2.1ヶ月340円という低価格

市販で売られている洗顔料の安さは魅力的ですよね。

市販にはアクネスやロゼット洗顔パスタ、オキシーなど色々な洗顔料があります。

その中でも安いのがビオレの洗顔料です。

 

上で挙げた洗顔料は400円~600円くらいですが、”ビオレの洗顔料は340円ほど”です。(店舗によって変化あり)

市販の洗顔料で比べても安く買えます。

 

3.有効成分に殺菌と消炎成分を配合

有効成分は”イソプロピルメチルフェノール””グリチルリチン酸ジカリウム”の2種類を配合しています。

1つめの成分が殺菌作用をもつ成分で、2つめの成分が抗炎症作用をもつ成分です。

 

どちらもニキビ化粧品によく入れられる成分です。

殺菌成分はニキビ予防にならないので、そこまで良いとは思いません。

 

2つめの抗炎症成分は、低刺激で炎症を鎮めることができます。

敏感肌でも使える成分で、炎症をもった成分に有効です。

 

デメリットと残念だった点

管理人管理人

洗浄力が高すぎる点や殺菌成分を配合しているところがダメです・・・。

1.界面活性剤が多く配合されているため洗浄力が高い

ビオレは界面活性剤がかなり多く入っています。

一般的に石鹸の元となる成分として、

 

ミリスチン酸、ラウリン酸、パルミチン酸+水酸化カリウム液(A)

 

 

  • ラウリルヒドロキシスルホベタイン液
  • アクリルアミド・アクリル酸・塩化ジメチルジアリルアンモニウム共重合体液

 

の合成界面活性剤が配合されています。

洗顔料を作るときはどちらかで良いのですが、2つとも配合されているので、”洗浄力は高い”と言えます。

価格が安いのはこの辺りが理由でしょうね。

 

医薬部外品なので、成分がどのくらいの量を配合しているのかわかりません。

ただ、使ってみた感じでも洗浄力がかなり高いので、界面活性剤の割合が大部分を占めるのだと思います。

 

2.洗顔料に殺菌成分はいらない

これはアクネスでも説明しましたが、”有効成分に殺菌成分は必要ない”です。

殺菌成分を配合したところで顔にいるアクネ菌をすべて殺菌することはできません。

 

アクネ菌は顔に常にいる常在菌なので、減ることはあってもいなくなることは無いです。

結局、ニキビの予防につながるわけでもないですし、肌の刺激になる可能性を高めているだけだと思います。

 

特に敏感肌の方は注意が必要です。

こういった成分で刺激を感じる方は多くいます。

ニキビ化粧品にありがちな成分なので、気をつけてください。

 

価格比較!安く手に入れる方法は?

ドラッグストアと楽天、アマゾンで価格比較していきます。

 

ドラッグストア Amazon 楽天
価格 440円(税込) 309円(税込) 347円(税込)
送料 なし 無料 送料別

 

値段だけで見るとアマゾンがかなり安くなっています。

一応、8月21日現在は32%引きとなっていて、かなり安くなっているんじゃないかなと思います。

少しでも安く買いたいならAmazonで、すぐに手に入れたい方はドラッグストアで買ってみるのが良いです。

 

ビオレスキンケア洗顔料アクネケアの辛口評価!

管理人管理人

有効成分は良いですが、実際に使うと洗浄力が強すぎてニキビケアとしては厳しいです・・・。

 

有効成分は、殺菌作用のある”イソプロピルメチルフェノール”とニキビの炎症を鎮める”グリチルリチン酸ジカリウム”です。

ニキビ用として作られているだけあって、有効成分はニキビ予防向けの配合になっています。

 

ただ、この洗顔料は明らかに使用感を良くすることを第一として作られています。

石鹸のような香りや泡立ちは、ランキング上位の洗顔料とも引けをとりません。

 

しかし、洗浄力が高すぎて肌を乾燥させます。

泡立てていた手まで乾燥してきたので、驚きました。

 

ある程度、皮脂を取り除いてくれるのなら良いのですが、これはごっそり取り除かれてしまいます。

肌の乾燥がニキビにつながってしまうので、この洗顔料はおすすめできません。

 

ニキビの予防効果がある洗顔料ランキングを見てみる

当サイトの洗顔料1位を見てみる